新規投稿

 

エマージェンシーという時計 投稿者エアーフライ

11/06/21(Tue) 22:36 削除 >>返信

BRの時計の中で、エマージェンシーというかっこいい時計がありました。
ちょっと店員の方に聞くと、一般人には販売できない時計だと言われてしまいました。内心、販売できない時計をなんで売っているのか、また売れているのか理解に苦しみました。なんでも航空従事者という特殊な技能を持つ人のみ(選ばれた人のみ)が、緊急時に使用できるように工夫された特殊な周波数?を持つものらしいのですが、店員さんのあまりの専門的な説明では私の頭が理解できずに、ただ、うなずくのみでした。ですが、デザインといい、カリスマ性といい、超カッコいい時計なのです。このサイトでは、不思議と話題になりませんが。私はどうしても欲しくなりました。どうしたら入手できるか、どなたか教えてください。難しい航空従事者なる資格など私には無理なので、中古で売ってる場所とか、店員さんに無理言って買うことできないのか、できれば正規品が欲しいのですが。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 クラブ・ブライトリング会員まるてん

>>返信 
こちらをお読みください。

http://www.breitling.co.jp/emergency/qualifications/index.php

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 エアーフライ

>>返信 
まるてん様、ありがとうございます。ここに記載されていたのですね。ですが、まいりました。これでは、はなから、購入できないではないですか。まず、一般人は、ほとんどの方が該当しないのではないですか。まあ、エアラインのジャンボジェットを操縦したりする人は別としまして。BR社もあのデザインで一般庶民向けに販売して欲しいものです。そこで、本論なのですが、なんとか購入できる別の方法がないものかと、それをどなたか教えて欲しいのです!よろしくお願いします。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 ミースケ

>>返信 
こんにちは。エアーフライさんのおっしゃられるこの時計の話題がサイトに出ないのは、時計の特殊性と所有できる人が限定されるからです。もし真剣に購入されたいのであれば、日本または海外の飛行学校に入り、パイロット免許を取得することです。但し、時計の10倍以上の費用がかかることを覚悟してください。それが無理ならきっぱり諦めることです。それが現実です。私もこの時計に限定資格がなければ、すぐにでも購入したいところです。デザインなど良く、いい時計なのですが、残念です。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 キロロ

>>返信 
エアーフライ様、こんにちは。私はもう何年も前に、グアムへ旅行した時のブランドショップで、エマージェンシーが販売されていて、店員さんに聞いたところ、なんら問題なく買えるとのことでした。ただ、お金が無く、買えませんでしたが。海外で買うという手段あると思います。ですが、日本に持ち込んだ場合、どう法律に抵触するかわかりませんので、念のため。
 この時計は、主として、自家用機等のパイロットのための計器でしょう。ミースケさんも言われていますが、本当に実用で欲しければ、お金が相当かかりますが、パイロットライセンスを取るしかありません。でも今の世の中、カッコいいですよ、正規店で、ちらっとパイロットライセンス見せて買うなんていいなあと思います。がんばってください。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 コージ

>>返信 
う〜ん、シビれる〜!!!

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 グリペン

>>返信 
見た目、エマージェンシーで、電波時計なんて出ると、面白いと思います。

それじゃ、魅力無いですかね…。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 エアーフライ

>>返信 
グリベンさん、そんなことないです。ブライトリングから機械式でなく電波時計で、デザインがエマージェンシーと同じなら、ぜんぜんウェルカムです。
 即買いです!!それにしても、日本の法律って、本当に硬直しすぎていると本当に思います。規制事項など、日本の産業界を元気にするためには、柔軟にするべきです。何人かの方々は、パイロット免許のことを言われていますが、そこまでお金かける余裕なんてありません。無線とか航空とかの法律があることは、調べてみておおよそ理解できましたが、買いたい人が自由に買える、そんな内需拡大型に消費を活発化させないと日本はずーっと経済低迷化社会から脱し得ないでしょう。時計の話から脱線してすみません。エマージェンシーの限定資格を解除してください!!

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ひろまる

>>返信 
買えたとしても私は買いません。
もし誤作動で電波が出ると多くの人に迷惑が掛かるし
結構な額を請求されるでしょう。

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ミースケ

>>返信 
ひろまるさん、どうもはじめまして。誤作動のことを言われましたが、意図的にねじリューズを引っ張りださないと121.5MHzの周波数はでません。普通に取り扱う分には大丈夫です。さすがBRの製品で、そこらへんは抜かりがないのです。但し、最も気をつけねばならないのは、盗まれたりした場合に悪用されたときと、身に付けている本人が重大な事故等に遭い、時計がすっとんで破損して電波が発信された場合だと思います。ですが、故意ではないので相殺的な位置づけで、電波が出た場合でも、刑事、民事、行政上の金銭的請求は心配ないと思われます。ですが、ひろまるさんのおっしゃられるように、取り扱い、取得した後の維持という意味では、広義に「誤作動」 という意味を捉えれば、相当に神経を使うことは間違いないですね。電波が発信されれば、緊急信号をキャッチするなんらかの機関が捜索開始なんてありますからね。それと不要になったから、どこかの古物商に売り飛ばすなんていうのも、無線法規的に簡単にはできないでしょう。そういう意味では、エアーフライさんには悪いですが、いっそ日本製高級電波時計が一番いいのでは、と最近思うようになりました。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クラブ・ブライトリング会員with

>>返信 
エアロスペースじゃダメなんですか?
エアロスペースとエマージェンシーって,機能的には殆ど同じ(エアロの方が少し多いかも)
ですし、重さと外観ではベゼルがちょっと違うくらいですし...
エアロスペースは,民間航空機やエアレースのパイロットさんたちが、結構愛用している人が
多いようで、実際に使われている写真などもよく見かけます。値段的にもこちらの方が安いし
実際に試着できますからね。
   

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ミースケ

>>返信 
withさん、どうも。そうですね。エアロスペース、確かに似てますね。デザインもいいと私も思います。確かに。。。でもやっぱり、あの周波数を出すアンテナの出っ張りがたまらなく渋いのです。ただものでないあのカリスマ性。いぶし銀のような個性と希少性、渋いなーと思いますよ。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 zoomy

>>返信 
パイロットなるために猛勉強しよーっと。これっきゃない!いつか、ひかえおろー、この国土交通大臣認可のライセンス目にはいらぬかー、ショーウインドーから、はよーエマージェンシー出さぬかー!!・・・・・・・って自慢してやるのだワン。

re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 with

>>返信 
>withさん、どうも。そうですね。エアロスペース、確かに似てますね。デザインもいいと私も思います。確かに。。。でもやっぱり、あの周波数を出すアンテナの出っ張りがたまらなく渋いのです。ただものでないあのカリスマ性。いぶし銀のような個性と希少性、渋いなーと思いますよ。

   似てるというよりも、エマージェンシーのベースモデルなんでしょうね。>エアロスペース
  アンテナの出っ張りがいいのですぁ....確かにただ者ではないですが、カリスマ性や希少性は、BRの場合は,エマに限らずエアチームオフィシャルモデルとか結構ありますね。 
    去年のクロノマットのブルーインパルスモデルも欲しかったけど買えなかったなぁ...(金額が額なので)

re:re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ミースケ

>>返信 
withさん、またまたどうもです。エアチームオフィシャルモデルですか。以前もみたのですが、ちょっとデザインが派手で、好きになれなかったのです。もうすこし、控えめなデザインで・・・。その点、エマージェンシーは抑制がきいて、質実剛健でドイツ的な無骨さがあるように思えたのです。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ベテルギウス

>>返信 
念のためご注進。パイロット免許だけではなく、航空無線技士という無線従事者免許が別途必要です。英語のフォネチックコードなる難解な言葉の試験もあるし、エマージェンシーを手にするまでには、遠い道を歩むことになります。やっぱりこりゃ、選ばれたエリートのための計器なのである。さもあらん。

re:エマージェンシーという時計 投稿者

>>返信 
欲しければ買えば良いだけです。
ebayなら常時何本も出品されているし、値段も40万円くらいです。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 パイロットマン

>>返信 
たしかに、限られたエリートのための時計だよね。ちなみに、飛行機の免許と無線の免許はセットで取得しないと、そもそも飛行機は操縦できんぞ。

だけど、いくらオークションとか、イーベイとかで買えるといっても、正規の手続きを踏んでないんだからさ、違法になるよね。

所轄官庁などからのお咎めは御免だよ。ダマで買ってさ、後でトラブル起こったら知らんぞ。

欲しければ、飛行機の学校に入るとか、自分で猛勉強して、数百万の金をかけて操縦免許取ることだね。でもさ、エマをゲットするためだけに免許取るのは、出費がデカすぎるよ。

やっぱり、自家用パイロットやラインのパイロットが自分や組織のために買うものじゃないのか。興味本位の素人が手を出すものじゃないよ、絶対に。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者

>>返信 
エマージェンシーをeBayなどで入手すると、どんな法律に違反したことになるのか、
ぜひとも教えていただきたいものです。
> ダマで買ってさ、後でトラブル起こったら知らんぞ。
正規店以外で購入したエマージェンシーを、スタジオブライトリングに持ち込んで
メンテナンスを受けた(正確にはブライトリングアジアへ取りついでもらった)
ことがありますが、スタジオブライトリングも犯罪の幇助をしたってことですかね????

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 パイロットマン

>>返信 
ご質問、真摯にありがとうございます。

そのことなんだけど、要は、時計そのものが単に時計の位置付けじゃないんですよ。無線機そのものといってよいのかな。

例えば、飛行機の中の無線機は、飛行機の中に存在して、毎年検査を義務付けられている。検査もしないで飛行機内に勝手に取りつけてたりしたら航空法違反だ。
おまけに、飛行機も毎年、耐空検査という厳格な検査を国交省から義務付けされているんだよ。そう、パイロットも要資格者、飛行機も許可、検査要、無線機も許可、検査だっていうこと。

つまり、エマという時計は飛行機の中に存在しないだけだということさ。もうおわかりだよね。このエマを持つためには、所有者もパイロット免許要だし、時計も総務省管轄の検査要、登録する飛行機の情報も所有後に届けが必要さ。
これらに違反して、勝手に個人所有して、街で付けてたら、それが当局にバレたらどうなるか。これ以上言わなくてもわかるだろう。
そりゃね、自宅でダマで保管だけ、長袖の中に隠し通して誰にも悟られず一生を終えれば、わからないだろうけどね、精神衛生上、安泰かい?
何事も遵法精神が大事だよ。
スタジオブラが、もし仮に、そういう資格確認もしないで、そういう対応したらとしたら違反だぞ。もう一度言いいますよ、イーベイなどで買うのは自由だ。でも後は自己責任だよ。
日本の法律は日本に住む以上は守られねばならないんだ。基本的なルールも守れない人は、その時計を持つ資格があるのか疑うね。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 シナモン

>>返信 
本来飛行機に取りつけられているはずの無線機器が、飛行機から分離しただけと考えれば、パイロットマンさんの仰るとおりですね。
その無線機を購入して腕に装着するのですから、当然、購入前の資格要件パス、無線免許パス、それから登録飛行機の届けで、やっとパスとなるわけですよね。
確かに、ネットでポチって、こそっと買いましたでは済まされないはずです。

それと、昔この話題で関連して出ていた記憶がありますが、本国へ名義書き換え可能とか。でも、日本国内で使用するなら行政の許可に基づく所持が妥当だと思います。
ダンマリで買って、お咎め罰則を食らうのも所持者ですし、自己責任ですね。もし、どこかのお店が資格の確認もしないで販売などしたら、当然罪になりますね。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者

>>返信 
具体的に説明できる?
どの法律のどの条文に違反して罰則は何か
判例はあるのか
人を犯罪者扱いするくらいだから、
当然答えられるよね?

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 パイロットマン

>>返信 
私も大人の対応をしているんだよ。
亀さんも、そのへんは理解しましょうよ。
あなた、ダマでエマ持ってるの?自分で、総務省、国土交通省へ確認してみたらどうかな。
このエマを日本で購買可能にするために、ブラが相当に関係当局と折衝し、努力の末で販売可能となったんだよ。ちゃんと購入条件が書かれて解説されてるよね。
つまり、それに違反したら、関係当局の各種違反となるわけ。
判例、通達、第何条とか、答えを求めてるけど、前の回答で親切に解説してるのに、知りたければ自分でその辺は直に聞けばいい。
それとね、人を犯罪者扱いと言うけど、失礼じゃないか。法律を守るべきだと言ってるのにさ。
日本に住んでいて、日本の法を守れない人間は、エマを持つ資格がないだろと言ってるのだよ。わかるだろ。
エマは、パイロット免許と航空従事者免許を持ってなければ、日本国内で所持できないんだよ。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 るる

>>返信 
上から目線の口語文章が気に障っただけでしょう・・・

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ぷふ

>>返信 
亀、亀、ワロタ、オワタな。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロノマチック

>>返信 
皆さん、こんにちは

まあまあ皆さん落ち着きましょう

●日本国内(BJ取り使い正規品)で「新品を購入したい」場合
は面倒な縛り(々匐従事者/¬祇従事者 等)が有るのは確定
ですよね?

●海外ルート、国内/海外オークション 等で、面倒な縛りが
一切ないエマージェンシーを購入する(した)場合はどうなん
でしょうか?

これ、極端に言えば「自己責任」って事で良くないですか?

パイロットマンさんや他の皆さんが、一般的な精神道徳(心が
けは立派な考えです)を記載しておりますが、実際には「面倒
な縛りが一切ないエマージェンシーを購入する事が出来る」
と言う現実も有ります。

色々な正論を記載し、知り合いでも無い「赤の他人」を論破
した所でどうなるのでしょうか?

色々アドバイスした上で、多少のリスクと引き換えにカッコ良
いエマージェンシーを購入したいと思うお方がいるので有れば、
それはそれで「ほっとけば良い」だけの話です。

余り熱くなって内容が辛辣になっていくのは見るに耐えません。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 パイロットマン

>>返信 
クロノマチックさん

熱くなっていたようです。資格云々よりも、エマを購入したいという強い思いを持つ人がいることを忘れていました。
本音と建て前、私にもわかります。
僕の発言から、いろいろと煩わせてしまったようです。不快に思われた方々ゴメンナサイ。

亀さん

 もしエマをすでに所有、あるいは、これから所有したいと思われるなら、
僕の言などスルーして、良い買い物をしてください。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロノマチック

>>返信 
パイロットマンさんへ

>熱くなっていたようです。
>資格云々よりも、エマを購入したいという強い思いを持つ人
>がいることを忘れていました。
>本音と建て前、私にもわかります。
>僕の発言から、いろいろと煩わせてしまったようです。
>不快に思われた方々ゴメンナサイ。
●いえいえ、これも「ブライトリング愛」から来る「記載/
言わずにはいられなかった」為と推測されます。

●所有する事に制限が有る腕時計なんてそうは見当たりません。
欲しいな〜と思っているお方がいて、でも我慢している!と
なれば、抜け道が有ると解れば欲しくなるのも理解出来ます。

●私見とはなりますが、エマージェンシーを無資格(法令違反
の状態?)で所有していても、救難信号を発しない(バッテリ
ーが有る状態でアンテナを伸ばさない)限り、恐らくは誰にも
解らないし、発見もされないと思います。(知り合いにその旨を
密告/告発されないと言う事が前提ですが・・・・・)
皆さんが言う程の「精神負担は無い」と思いますよ!

PS
●裏技的な考えですが、エマージェンシーは「時計部分のバッテ
リー」と「発信機部分のバッテリー」は別物になるはずです。
ブライトリングの説明文でも「操作も電源も互いに完全に独立した
2つの機器から構成されています」と説明しています。
●発信機部分のバッテリーを抜けば、ケース上下に凸部分が有る
「ただのエアロスペースに早変わり」となるはずです。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 無理

>>返信 
>●発信機部分のバッテリーを抜けば、ケース上下に凸部分が有る
>「ただのエアロスペースに早変わり」となるはずです。
それ、メンテナンスに出す際に聞いてみたけど断られました。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 希望

>>返信 
難しいものなんですねえ。
どうして断られるのでしょうか。
理由が知りたいです。
機構的に、どこかいじると、セットでメカが組んであるので、一方を外すと他方が機能しないとか、秘密の回路になってるとか。
これだけの装備の時計なので、簡単に改造できないようにしてるのかもしれません。

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 sky clear

>>返信 

正論を振りかざす気は全くありませんが、ご質問の答えは、
”おそらく” 以下になると思います。

エマージェンシーは、パイロットマンさんが書かれていますが、
時計でもあり、”無線局”でもあるということでしょう。
(少なくとも、ブライトリングはそう判断しているということでしょう)

ですので、電波法第4条が関連法令になります。
無線局の 不法開設 となり、罰則に関しては、同法第110条第1号
になるかと思います。

本時計に関する判例はないでしょうね、きっと。
数が少ないですから。

ただ、同種判例は山ほどありますね。
ダンプトラックの方々の不法開設が有名どころですが、
他には、無線LANの大出力運用で捕まった方もいましたね。

ちなみに、亀さんも所有されているであろう、携帯電話、スマートフォンも
立派な無線局になります。ただし、これらは、事業者が包括免許を
受ける形で、我々ユーザーは免許を受けることなく使うことができています。

ちなみに、一般的解釈としては、電波を出していなくても、電波を出せる
状態の設備を所持していれば、上記違反となると考えられてるようです。

ですので、クロノマチックさんが書かれてる、発信器側の電池を外す
というのは、非常に良いアイデアだと思います。

個人的感想としては、クロノマチックさんも書かれているとおり、
自己責任じゃないでしょうかね。

ただ、間違っても電波を出さないでくださいね。
迷惑を受ける人たちが山ほどいますので。

っと、きっと、亀さんは分かっていてお書きだったと思うのですが、
他にもご覧になられる方がいらっしゃるでしょうから、どこにも行かずの
暇なシルバーウィークに書き込みしてみました。 (^^;

個人的には、やっぱり、ナビタイマーが欲しいでーす。

re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 エアロレース

>>返信 
ご立派なコメントだと思います。
具体的で、これなら多くのエマージェンシーのファンなら納得するでしょう。
一種の無線局、これならすべて氷解します。許可も受けずに、資格もないのに所持で違反ですね。
やはり嫌ですよね、いくらオークションとかで安く購入できても、オレは不法に所持してるのさ、なんて言えないし、精神衛生上も気持ちよくないでしょうね。
法律に則り、正規に、正しく、気持ちよく、元気に堂々と購入して大事に使うのが健全というものです。

sky clearさんのような方がパイロットにふさわしいです。Runway is clear, cleared for take off Runway 36, JA0007! な〜〜んちゃって!!
僕はパイロットじゃないですけど、航空無線オタクです。主要空港の無線やり取り、全て暗記していますよ。
ボンドみたいに、陸、海、空を制してみたいと夢見るオッサンです。な〜〜んちゃって!!

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロノマチック

>>返信 
無理さん
希望さん

皆さんこんにちは

>>●発信機部分のバッテリーを抜けば、ケース上下に凸部分が有る
>>「ただのエアロスペースに早変わり」となるはずです。
>それ、メンテナンスに出す際に聞いてみたけど断られました。

>難しいものなんですねえ。
>どうして断られるのでしょうか。
>理由が知りたいです。
●ブライトリングに持っていくと、正規モノ以外は輸入時計協会に
持って行ってくれと言われたりする見たいです。
●「時計の電池交換という概念」ではないようで、通信機器のチェック
という事だそうです。

>機構的に、どこかいじると、セットでメカが組んであるので、一方を
>外すと他方が機能しないとか、秘密の回路になってるとか。
>これだけの装備の時計なので、簡単に改造できないようにしてるのかも
>しれません。
●いえ、以外とシンプルな2階建て構造見たいですよ。
・下段(裏板側)=発信機ユニット
・上段(文字盤側)=時計ユニット(インナー裏板付)
・下段・発信機ユニットと上段・時計ユニットは完全分離、相互間の接続性
は無いと思われます。
●都内で割りと有名なショップ(平行輸入品・国内流通中古品)のスタッフ
さんが、その旨の内容をブログで公開しています。
ヤフー 等で下記キーワードを全てコピペして検索すれば見れますので、
ご興味が有れば覗いては如何でしょうか?(URLは解るのですが、そのまま
ズバリを記載するのは何となく気が引けるもので・・・・・)

【ブライトリング】最も難儀な電池交換2013【エマージェンシー】BREITLING 新型

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ヘッドウインドン

>>返信 
機能はすると思います。
エマージェンシーの話題は、昔もありました。中古で購入した時の所有者名義書き換え方法でしたね。

電池を外しても、アンテナを引っ張り出さなければ大丈夫です。
私も電波機能部分だけを解除すれば、まんまエアロスペースだと思います。
敷居の高い日本で買わなくとも、グアムとか、海外で安く売ってますし、アンテナだけ出さないようにして使用し、時計の電池交換は、場末の街の時計屋で
やってもらえばいいでしょう。そんな深刻に考えずともいいと思いますけど。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 ご指摘マン

>>返信 
皆さん、様々な回答をなさっていますが、甘すぎます。
上から目線でものを言うとか、そんなことは関係ないです。
日本に住して、エマージェンシーを所有するなら、規定どおりの資格を持たないとダメです。資格が無くとも欲しいと思う人がいるのだとか、そんなことを言ってるので
違反者が後を絶たないのです。

もっと重要な点を忘れています。「購入した後の届け」を回答者は抜かしてます。
このエアージェンシーは、購入前の条件と購入後の条件を課しているのです。購入後の条件のほうが厳しいです。それは登録飛行機を登録しないとダメだからです。
飛行機ですよ、飛行機!
つまり、エマージェンシーは、航空機の携帯無線局の位置づけなので、当然に飛行機と一体です。だから、購入後に飛行機も登録しないといけない。
この点が最も敷居が高い部分なのです。一般庶民が飛行機を所有できますか。一部の自家用機オーナーくらいなものです。
所詮、エマージェンシーは、資格は満たしてるのは当たり前で、かつ、飛行機も持ってる人くらいしか所有できないものです。
因みに、国内パイロット免許で500万、小型機購入で4000万くらいはかかります。さらに維持費で毎年1000万、飛行機を格納できる飛行場、定置権も必要でしょう。
さらに多額の保険代もかかります。
まともに考えれば、オークションでお気軽に買えるような代物ではないのです。ほんとに限られた選ばれた人のための時計であるのです。
おかしなポピュリズムは誤解を招くだけです。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 かず2

>>返信 
 おぉ〜、知らなかったです。パイロット免許を持って
いれば購入できるかと思ってました。(それだけでも、
一般人には敷居が高いですが)

 でも、航空会社に勤めてるパイロットも自分で
飛行機を所有している人なんているんですかね?

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 かず2

>>返信 
 連続ですいません。確かに先のパイロットマン様の
書き込みにも、そう記載されてましたね。

 でもこれは、自分の所有している飛行機を登録
しなければならないんでしょうか?おそらく車の車検証の
ような物が飛行機にもあると思うんですが、一般的な旅客器は
会社の所有物だと一般人には思えるんですが。
となると、それでは、ダメということになりますよね。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ご指摘マン

>>返信 
かず2様、どうも初めまして。

誤解がるようです。補足します。
購入後の登録飛行機の届けですが、例えば、日本には各地に飛行倶楽部がありますので、自分が所属する飛行倶楽部の飛行機を登録してもよいのです。
その飛行機には当然、元から無線機を積んでいますが、パイロットは、エマージェンシーという携帯無線機を装備することですから、自分が搭乗する倶楽部の飛行機の登録番号で申請です。もちろん、その前に倶楽部の代表者の承認を得ておくことが必要です。飛行倶楽部のオーナーが
拒否すれば登録はできません。

反対に、航空会社の社員はどうなるかですが、これも自分が搭乗する飛行機で届けとなります。但し、民間航空会社の場合は、社則が厳しいです。
現実的に可能であっても、航空会社の労働協約、就業規則、労働契約に記載があるか、又は会社の許可が無いとまず無理です。恐らく航空会社の許可を得るほうが難しいでしょう。
私は、このエマージェンシーは、自家用機のパイロット、つまり自分で飛行機を購入して、飛行場に定置権を保有する限られたお金持ちの人だけのもののような気がします。
そう考えると、この時計は実に敷居が高すぎで、一般のブライトリングファンの方々には、ほとんど該当者無しではないかと思えます。
せめて、エアロスペースでその雰囲気を楽しむほうが、よっぽど楽だと思えます。
購入後の条件、これがもっとも厳しい条件です。操縦免許や無線免許は、お金と努力、航空適正、第2種航空身体検査に合格する健康体があれば合格できます。
でも、飛行機購入は、無理です。
正規な方法でエマージェンシーが欲しければ、心技体を鍛え上げ、必死で働いてお金を貯め、猛勉して、操縦免許と飛行機を手に入れてください。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 かず2

>>返信 
 こんばんは。本当に詳しくありがとうございました。
おそらく、ここでこんなに詳しい説明をされた
方はいなかったんではないかと。

 ちなみに、ご指摘マン様は正規のエマージェンシー
所有者でしょうか。

 以前、こちらに、所有者だったか、所有できる資格を
お持ちの方が書き込まれて、すげー、ってなったことが
あったと記憶しております。


 いづれにしても、一般人にはほど遠い存在の時計ですね。
高級時計なら、裕福な方がお金を出せば購入できますが、
この時計だけはお金だけでは購入できない、世界唯一の
時計かもしれませんね。

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ご指摘マン

>>返信 
いえいえ、そんな自慢できる人間ではありません。ご指摘マンなどと称し、偉そうなコメントで失礼いたしました。
私は、かつてエマージェンシーを正規の手続きで所有していました。
飛行機もかつて、仲間3人と共同所有で所有していました。ですから、その機体で登録しました。
自家用機というのは、一人で所有するのは、なかなか維持が大変です。ですが、同好のパイロット仲間で共同運行、共同所有すれば、いわば割勘のように多少は安くできます。
飛行機を所有できる、単独操縦できることは、非日常的でエキサイティングです。私も少年の頃の夢を叶えた喜びは今でもはっきりと覚えています。

しかし、時代の変化は厳しい現実を突き付けてきます。航空燃料の高騰、保管格納庫の年間料、保険料、仲間でも仕事繁忙の関係で止めてしまったり、昨今の自家用機飛行禁止の住民反対運動
等、飛行機を取り巻く環境は悪化の一途です。
そんな状況もあり、もう今ではエマージェンシーも自家用機も手放しています。
これからの将来で、若者が特に、自家用のパイロットを目指すのか極めて疑問です。また、ラインと称する民間航空会社にも厳しい現実もあります。
将来像は、私は悲観的見方を持っています。当然に、エマージェンシーも需要が無いことで、販売から撤退してしまうことも十分考えられます。
外国の需要は知りませんが、日本国内の店では、在庫期間が長くなれば、店の維持費も比例してかかるわけですから、いずれ無くなってしまうのが怖いですね。
少しの間でも、私はいい夢を見させてもらったと思っています。今後は、航空の安全とブライトリングの躍進を祈りたいと思います。

re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 かず2

>>返信 
 こんばんは。やはり正規エマージェンシー所有者でしたか。

 正規所有者の書き込み、まさにガチですね。

 パイロット免許を所有するという事は、大変な勉強
の他に、ご自分の体の管理等も必要となってくるのでしょうね。

 本当に素晴らしい!

 ありがとうございました。

re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブルーダイヤル

>>返信 
私も大変参考になりました。
実際の所有者の方ならではの実際のところがわかり、雑誌やショップなどの話よりも具体的で参考となります。
淡い期待を持っていた人には酷な話ですが、現実は厳しいものですね。
ご指摘マンさん、ありがとうございました。

re:re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという 投稿者 ヘッドウインド

>>返信 
しかし、どうして日本はこうも色々と規制が多いのでしょうかね!!

欧米では、パイロットの資格が無くても購入出来るのに!?

それだけ自己責任の文化が確立していると言う事なんですかね?

あるいは官僚は日本国民は信用がおけないので、そんな時計を持たせると直ぐにアンテナ出しちゃうぞ〜と思っているのか、何か有った時に自分が許可を出した本人だと責任を取らされるので、許可を出さないか、現在の様にしておけば、安心と言う事なんですかね?

海外では、ウッカリ出しちゃったなんて事例はないのでしょうかね?

話ではアンテナ出しても、伸ばさないで時計にグルグル巻いておけば、ほとんど電波は飛ばないとも聞きましたが?

一番良いのは、思ったよりも簡単にケースを外せるし、時計とアンテナ用の電池は別なので、アンテナ用は外しておけば問題ないですね。

re:エマージェンシーという 投稿者 黒ダイヤル

>>返信 
お得意の責任逃れ、責任者不在という官僚のなせる業でしょう。それ以外にないです。

規制をかけておけばいい、違反した人間は罰するだけ。自分らには、一切責任はこないようにしておくためです。

今のオリンピックの一連の不祥事を見れば自明のことです。

海外には、自己責任というものが徹底しています。自由はある、だがそれ以上に責任は全部自分にふりかかる、そういうことです。

どちらが良いのか、悪いのかではなく、郷に入らば郷に従え、なのでしょう。

re:re:エマージェンシーという 投稿者 ヘッドウインド

>>返信 
黒ダイヤルさん、

コメントありがとうございます。

例えば、アメリカではオートバイに乗るときにヘルメットは被らなくても良い訳ですが、しっかりとヘルメットを被らないとこんな風になるよと、事故で頭が潰れている写真等を免許を取るときや、書き替えの時などに見せていますが、それでもヘルメットを被るか被らないかは、本人の判断に任せています。

日本もその様な時代が来ると良いのですが。

re:re:re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという 投稿者 TOUR

>>返信 
みなさん いつもお世話になっております。楽しいトークいつも楽しく読まさせています。
ヘッドウィンドさんの中で 日本人は信用おけないのでしょうか?ところで ふっと思うことがありました。私は ものつくりの工場にいるのですが、危ない物も沢山あり 安全に作業するためルールが厳しく 細かく沢山あります。私の経験で 一番びっくりしたのは 溶けたアルミに 指を入れた人がいました。大やけどです。きらきらしてきれいだったので 触ってみたくなったが理由。また 回転しているファンに指を入れて 大けが。理由 入れたらどうなるのかと調べたかったです。それでも 怒られて 責任をとらされたのは 責任者です。 日本人は やった本人より 明確なルールを作っていなかったことに 重要視する所なので このようなルールがあるのかもしれませんね。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ヘッドウインド

>>返信 
TOURさん、

コメントありがとうございます。

なるほど、最近はそんなアホな連中が増えているんですね!!
確かに前にテレビで工場の働く新人に上司が、ここで液体を撹拌(かくはん)するんだと言ったら、撹拌てなんですか?と聞いてたからね!
(ーー;)

やっぱり日本じゃ無理かな(-_-;)

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 BRファン

>>返信 
エマージェンシーの話題で盛り上がってますね。
ネットの海外サイトを調べてみたら、Emergencyは40,000台売れた内、20台がRescueに使われた…と言った記載がありました。
まぁ実際に使ってる方も、万が一の際の保険のような感覚だと思いますが、2000台に1台はオーナーの命を救った事になるのでしょうかね…。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 めびうす。

>>返信 
こんばんわ。
ヘッドウインドさま、みなさま、盛り上がっていますね。
>しかし、どうして日本はこうも色々と規制が多いのでしょうかね!!
>欧米では、パイロットの資格が無くても購入出来るのに!?
>それだけ自己責任の文化が確立していると言う事なんですかね?
⇒TOURさまのおっしゃるとおり、何かあったときルールがないことをやたらと責められるってことだと思いますよ。
官僚の責任逃れとのことですが、ちょっと違う面もありますよ。マスコミにしても、万が一にも不都合な事故が起きたとき、ルールが作られていなかったといって責めるのが得意じゃないですか。
先のヘルメットの件にしても、日本でヘルメットの着用がルール化されていなくって自己責任だったら、そして悲惨な事故が多発したら、おそらく無策無能と叩かれるでしょう。
わたしは末端のサラリーマンですが、本部の作ったルールって変なルールありますよ。現場を知らないんじゃないかと思うような。でも、その変なルールでも、皆しっかり守りますよね。同僚の言葉を借りれば、「どんな変なルールでも守っていれば責めを負うのはルールを作った本部だし自分は指示に従っただけ」ということだそうです。わたしはそうは思いませんが、結局そういうことだと思いますよ。そういう風潮が厳しい規制を作らせるんではないですかね。

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クラブ・ブライトリング会員TOUR

>>返信 
めびうす様
こんにちは。まったく同感です。エマージェンシーを買えるか?の話からそれてしまいましたが、やはり 日本は 厳しいルールを作って成り立っている国なので、それに従うしかありませんね。残念ながら。
ルールを侵さず 正式に買う方法。今現在で 可能性が高い方法でいえば、海外では 買えるとのお話なので 海外でお仕事をする。駐在がある会社なら がんばって実力をつけて 希望する。海外生活をしているときに購入する。ってどうでしょう。ということは 私も買えるのかな?どうなんでしょーー

re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ジャッジマン

>>返信 
海外で買っても、日本へは、建て前上は、持ち込めない(所持できない)わけで、まあ海外永住しかないわけですよね。

結局、郷に入らなば郷に従え、でしょう。

日本で買って、使用するなら正規で購入するしかない、これが結論だと思います。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 林檎

>>返信 
このエマージェンシーの話題、すごい盛り上がっていますね。今までのコメントを読んでみると、いかにこの時計への憧れが強いか関心の高さが理解できます。
確かにカッコいいですし、スペック的にも、所有することのできる人も限定されますし、格別の時計だと思いますね。
話題がちょっと逸れてしまってますが、エアーフライさんのご質問に立ち戻って、一言。

日本に限って、パイロット人口はどのくらいあるのでしょうか。3万人ほどだそうです。(データが最新ではありませんが、もうちょっとだけ多いかも)
その中で、パイロットの方々がどういう時計をしているか、昔、飛行機雑誌で、「時計拝見」というような記事を見た覚えがありました。
その時は意外と、パイロットは、国産のデジタル、またはアナログのクロノグラフ兼国際標準時刻、ワールド時刻表示可能な時計が多かったです。

現在でも、そうではないでしょうか。むしろエマージェンシーは特殊で、付けてる人は少数派だと思います。(前の方のコメントにもデータがあったかな)
それにプロパイロットの乗る飛行機には、EMLT(エマージェンシーロケータトランスミッター)という遭難信号を発する装備が飛行機自体に組み込まれていますから時計には必要ないんですね。
ですから、自家用パイロットの需要があればいいほうだと思います。
でもね、やはりパイロット免許と航空無線免許と、自分が乗る飛行機、この3点セットが揃って初めて、購入前、購入後の条件が揃うのですから、仕方ないです。
で、この3条件が完璧という日本人が何人いるかですが、極めて、極めて、少ないと言わざるをえないでしょう。


re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クラブ・ブライトリング会員TOUR

>>返信 
手直しで すみません。

めびうす様
こんにちは。めびうす様の話に まったく同感です。
エマージェンシーを買えるか?の話からそれてしまいましたが、やはり 日本は 厳しいルールを作って成り立っている国なので、それに従うしかありませんね。残念ながら。
ルールを侵さず 正式に買う方法。今現在で 可能性が高い方法でいえば、海外では 買えるとのお話なので 海外でお仕事をする。駐在がある会社なら がんばって実力をつけて 希望する。海外生活をしているときに購入する。ってどうでしょう。ということは 私も買えるのかな?どうなんでしょーー

でも 日本に帰るときは 売却してこないといけませんね。海外にいる時 限定ですかね。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 黒ベゼル

>>返信 
TOURさん

そこなんですよねえ。海外へ赴任したのは良いとして、日本に帰国するときにどうするのか。
こっそり持ち帰って所有しておこうでは、法律的にはダメですから、海外赴任中の夢ということで売却?
ずっと海外永住でもするか・・・。
やはりダメなようですね、この時計は敷居高すぎなんですよ。購入後の条件の、飛行機を登録するなんて、どう考えたって無理です。
いずれ、販売欄から削除されてしまうのじゃないかな。あまりに売れなくて・・・・・。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ヘッドウインド

>>返信 
この前、久々にイギリスBBCの自動車番組 トップギアを見ていたら、3人の司会者のひとり、リチャード・ハモンドを無理矢理カナダの山奥に遭難させて、ハモンドは愛用のブライトリング・エマージェンシーのアンテナを引っ張り出して、イギリスにいるジェレミー・クラークソンとジェームズ・メイに助けを求めて、二人はカナダに渡りアメリカ製のピックアップトラックで助けに行くと言う、ムチャクチャな事をしてましたが、新型エマージェンシーの電波は24時間しか持ちないのですね!!
旧型よりも人工衛星で電波を捕らえるので正確に分かるから、24時間で問題ないのでしょうかね?

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ジョン

>>返信 
面白い番組やっていうるのですね。

24時間とは、またずいぶん短い電池ですね。もし遭難ということになれば最低でも3日は電池時間欲しいです。だって、よく人命災害救助はクリティカル72時間以内とか言うじゃないですか。
人工衛星はGPS用で24個のうちから4個を捉えるのでしたか、ほかにもいろんな用途の衛星もありますし、うん?、一体どのくらいの衛星が地球周回上を回ってるのでしょう。
やがて燃料が尽き、自然に落下、消滅らしいですが、完全でなく、地上に落下する場合もありますから、長い目でみれば危険ですし、エマージェンシーの機能も永久ではないですね。
人間は大量の宇宙ゴミをまき散らしてますし、地球だけにとどまらず、宇宙にまでゴミを拡散させています。なんと勝手で強欲で貪欲なことでしょう。
人間の欲と金への盲信こそ、最大の危機です。この結果、どうなるか、その備えに対するサバイバルこそ、エマージェンシーを所有することよりも大事だと思いますね。

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 BRファン

>>返信 
皆さん、こんにちは。

実際、Emergency II の開発は、Battery持ち時間との戦いでもあったようですね。
新たに加わった406MHz周波数での電波発信がBattery lifeに大きく影響していると思います。
しかしながら、通常の時計駆動とは別系統にBatteryを持っていることや、Chargeする際にSelf testが出来るなど、いざという時の信頼性は高いと思います。

但し、私も含めた普通の時計ファンが、この時計を持つことについては、多くの方が書かれている通り、ハードルが高過ぎます。
寧ろ、兄弟機のような雰囲気のB50を購入するのが、現実的な選択肢だと思いますが・・・如何でしょうか。

re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 黒ダイヤル

>>返信 
BRファンさん

仰るとおりだと思います。本当に困難な非現実的なハードルの高さです、強くそう思います。
B50!、そうですね、これなら雰囲気、デザイン、ばっちり楽しめますね。
エアロスペースでもいいですしね。
一般のファンの方々、心の持ちようですね。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
私はエマージェンシー保持者です。
ちゃんとブライトリングで2年に1度のメンテナンスもしています。
どなたかが書いていましたが、飛行機を所持する必要などありません。
ただ、エマージェンシーの説明書と販売約款には「航空機事故等による信号発信での、時計のリペアは無料」
と、なっていますし、それ以外の発信はダメとなっています。
所有していれば、グライダーでもスカイダイビングでもいいのです。
とにかく空に関する事故での遭難での救難信号発信はオッケーです。
普段使いにも全然支障なく使用していますよ。
そんなにハードルは高くありません。
ただ、販売約款にはパイロット免許の番号の記入欄があります。

ちゃんと知らない人が知ったようなことが書かれていてエマージェンシーを誤解していますね。
持ってる私が言ってるので間違いありません。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
説明不足でした。
エマージェンシーの販売約款(規約)
としまして、以下の文があります。

2 発信機は、航空機、ヘリコプター、軽気球、熱気球、飛行船、グライダー、ハンググライダー、パラグライダー、超軽量動力機(ウルトラ・ライトプレーン)等の操縦者や同乗者、またはスカイダイバーによる飛行活動に際しての明らかな遭難事故に際してのみ使用することができます。

5 発信機が飛行活動における遭難事故に際して正当に使用され、かつ公的救助機関によりその事実が証明された場合は、本販売約款に氏名を記載された"ブライトリング・エマージェンシー”の所有者は、その無償交換を受けることができます。

6 ”ブライトリング・エマージェンシーの機能は、遭難者の発見を容易にすることであり、救助活動を発動することではありません。

これで分かる通り、飛行機を所持する必要などはありませんが、信号発信は飛行活動に関する遭難事故に関してに限定されています。同乗している時でもいいのです。
説明書には、パイロットのための補助サバイバル機器と書かれており、飛行中の遭難事故に際し、居場所を知らせるための超小型発信機を内蔵したウオッチとも書かれています。

エマージェンシーの時計部分と発信機とは別のバッテリーですが、時計部分は信号発信時には連動した表示になりますので、発信機のバッテリーだけを外すことはブライトリングではやっていません。
この時計のバッテリー交換は、フルメンテナンスという形の点検も兼ねたものになっています。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ご指摘マン

>>返信 
ブラックホーク様

本当ですか。おかしいですね、たしか購入後には所有者が搭乗飛行機の登録をすることになっているはずなんですが・・・・・・。
購入前の条件は、免許と無線でOKですが、購入後に関して、購入者が一筆書いて、搭乗する飛行機(ライトプレーン、レシプロエンジン等)の登録を各自しなければならないはずなのですがね。
お店の説明でも、そういう説明でしたが。変更になったのですかね。
この点は非常に大事なことなので、すみませんが、再度、ご説明願えませんか。

するとこういうことですか、例えば、ジャンボジェットが仮に不時着して、どこかのジャングルで救命を待たなければならない状況になった、そこで、エマージェンシーを装着していた人が、一刻も早い救出のために
アンテナを引っ張って信号を発してもOKとなると、こういうことが正統なことになると。
この場合、ジャンボジェット旅客機はエアライン会社のものだが、個人の生命、財産の一刻も早い救出のための非常の措置なので、当然OKということになりますね。
この場合、エアラインの飛行機は広義の意味では、航空機ですから、何ら問題ないですね。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
ご指摘マンさん
飛行機も購入しないといけないなら最初から販売規約にあるでしょ。
買ってから飛行機無かったらどうするのですか?没収ですか?
あなたは持ってるのですか?
知人のパイロットは、購入資格だけで使用しています。
じゃ、その飛行機を手放したら時計も手放すの??
岩城洸一氏もエマージェンシー持ってますが、彼は飛行機持ってるのかな??
航空自衛隊のブルーインパルスのパイロットがエマージェンシーを使用しているのを知っていますか?
彼らは個人で戦闘機や練習機を持っているのですか?
登場する機体は、日によって変わったりします。彼らは特別なんて言わないですよね!?

パイロット免許、無線従事者で購入できるならそれが正義だとおもいますがね。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
>購入後に関して、購入者が一筆書いて、搭乗する飛行機(ライトプレーン、レシプロエンジン等)
ライトプレーンとかしょぼい飛行機だから、一筆が必要なんかな?
機体から発信されるELTがないから、しょぼいのに乗るなら一筆ってやつ???
なら分かるけど・・・w

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ご指摘マン

>>返信 
金太負けるな様

 なるほど。私は飛行機の免許はあります。ですが、お店の説明で買うのを諦めました。登録すべき自家用機を所有してないことや飛行倶楽部の飛行機を登録させてもらえなかったからです。
たしかに、購入後に個人の責任で届けが必要と聞いたものですから。

そうですか、例示の方々はたしかに、そういうふうに特段の手続きをしていないのですね・・・・・。
私が思ったのは、仮にエマージェンシーを身に付けて乗るべき自他ともに(航空機)を所有、もしくは手放したら、「購入後の条件」を満たさなくなるのでどうなるのだろうと思いました。
逆に言えば、そういう手続きの細かい点は、直接に総務省に問い合わせてみる必要があります。
お店では、突っ込んだ詳細は説明できないと思いますしね。
役所は建て前でも、厳格に運用しますから、そんなことを聞いて藪蛇になったら、本当に免許持っていても飛行機登録できななら所有不可だと言われたら、大変ですよ。
ルール上は、購入後の届けが必要と確信します。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
ご指摘マン様

以前エマージェンシーを所有されていたように書かれてましたので、所有されてるのかと思いました。

私が書いた販売約款の抜粋項目は、海外のではなくちゃんとした日本語の付属の専用用紙に記入署名したものからの抜粋で本物です。
例えばのジャングルでの遭難件ですが、間違いなく航空機事故での遭難なので信号発信は可能であり、お客として遭難事故に遭遇していても発信には差し支えないはずです。グライダーでもスカイダイビングでも行方不明になる可能性はあります。そのジャンボ機の遭難信号を補完し、位置特定してもらうためのエマージェンシー信号です。
エマージェンシーのアタッシュケースの蓋の内側には、英語で 航空事故のみに使用可能 とあります。
そんな緊急時に発信できないのでは、エマージェンシーの意味がありません。
もし、私が昨今の登山ブームで遭難して、捜索されても見つからないような命の危険がある場合でも、迷わず信号発信すると思います。仮に違約罰金かかっても死ぬよりはいいです。

ご指摘マン様もせっかくライセンスをお持ちなら、今からでもエマージェンシーを購入して、使わなくてもなんとなく命を守られてる満足感を楽しんでくださいね。
ご指摘ありがとうございました。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ご指摘マン

>>返信 
ブラックホーク様

 詳細で具体的なご説明、ありがとうございました。
私のほうも、もう少し理解を深めていればよかったと思います。

エマージェンシー購入について希望が見えてきました。
まさかの時のための時計ですから、そういう場面でこそ使わないといけませんね。
前向きに購入を考えてみようと思います。
こちらこそ、ありがとうございました。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
ご指摘マン様

私が所有していますのは、エマージェンシーミッションの方で、クロノグラフタイプの方です。
最初はデジアナのエマージェンシーを使用していました。チタンのケースは多少ぶつけても凹まないし軽いさで、機動性は良かったのですが、防水性能が低く豪雨の中で浸水してしまいました。
そこで、次に100メートル防水でピカピカのポリッシュステンレスでスーツにも合う黒文字盤のエマージェンシーミッションをチョイスして、今にいたっております。防水性能は大事です。
エマージェンシーミッションの方が、時計が厚く、信号発信用のツマミがイイ感じに大迫力で目立ちます。
普段は高級感あるクロノグラフで、いざという時にキャップを外しアンテナを伸ばせば命が助かるなんて、非常に頼もしい相棒になっています。
素人が見ても高級感も迫力もある エマージェンシーミッションはオススメですよ!

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
ご指摘マン様

しかし、今購入となりますと、エマージェンシー2は日本未発売ですし、エマージェンシーもエマージェンシーミッションも店頭在庫はあるのかは私には分かりませんね〜。
探してもらうのも手かと思いますが、よい買い物が出来るといいですね。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ご指摘マン

>>返信 
ブラックホーク様

ありがとうございます。
ミッションという質実剛健な選択ですばらしいです、頑丈で長く使用できますね。
2のほうは未発売・・・・・、私もミッションのほうがいいなと思えます。
探してみます。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 かず2

>>返信 
 こんばんは。
ご指摘マン様は15/09/21(Mon) 19:10  の書き込みで
、以前エマージェンシーを所有しており、仲間と飛行機を
所有し、それを登録していたと書かれていますが???

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 BRファン

>>返信 
しかし、Breitling Emergency II公式ビデオでは、必ずしも飛行機で遭難しただけで無く、ヨットが沈没しそうになったり、雪山登ってて足を滑らしたり、砂漠をオートバイで走ってて転んだり、そんなシーンでも平気でアンテナ伸ばして、助けられる…といった場面が出てくるのですが…ネェ^^;

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロノマチック

>>返信 
かず2 様

私も(?)と思いましたが、まあいいじゃないですか。
本当に所有されていたのか、それとも妄想所有だったのかは・・・・

ご指摘マン様は「かつて」エマージェンシーを正規の手続きで所有し
ていました。と言ってますので、「最近」はちがうのかも知れません。

何かが判明 → 人の上げ足を取るより「そうか、そうか、」と俯瞰の
立場で見ている方が誰も傷つきませんので。

:エマージェンシーという時計 投稿者 クラブ・ブライトリング会員ビボップ

>>返信 
エマージェンシーを手にするぐらいの方なら、軽はずみにアンテナを伸ばしたりはしないんでしょうけど、やはり「ひょっとしたら・・・」とメーカー側は思っているのかもしれませんね。

極力使用状況を限定しておかないと、伸ばせば遊びであっても助けは来てしまいますし。


記憶違いかもしれませんが、近所の正規販売店の方がこんなことをおっしゃっていました。
以前にあった「大脱線事故の際、車両内からエマージェンシーの電波が出ていたらしい」と。
本当なんだろうか・・・?


自動巻きでエマージェンシーメカニカル!!なんてモデル出ないでしょうか。
バッテリーは蓄電、本体部分のムーブでも発電し、収納式のクランクを出して回せば、長期の遭難にも耐えることができる充電できる。
・・・なんてモデルが。


例によって、出たとしても、宝くじに当たっても、手にすることは叶いませんが・・・。



それにしても、限定数がだとか価格がといった理由以外で、一応ラインナップにあった時計の買える買えないが論じられるのってなかなかないですよね。

re::エマージェンシーという時計 投稿者 チタンダイヤル

>>返信 
私は、日本未発売の最新モデルがほしいですね。(といっても、操縦免許とか無線も持ってないので、それは置いておいて。。。)
認可の折衝中なのでしょうか、気になります。

あれは、充電式だから便利そうです。でも、B50と同じで約300回で内部電池の寿命がくるそうですから、最低20日充電をやったとして、約16年の耐用年数ですか。
予備の内部電池を3本くらい確保すれば一生ものかな。
早く、日本での発売にならないかな、ダメなのかな。どうなっているのでしょうか。
どなたか、最新モデルの日本での発売情報、予想、ご存じの通の方、いらっしゃいませんか。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
エマージェンシー2になってから、航空事故以外でも遭難信号発信が可能になったようです。
そのためなのか、日本では認可されないのか発売未定というか未発売ですね。
価格も120万くらいだったかなぁ〜ケースも大型のアナデジなので私はあまり好きなデザインではありません。
最近アメリカでの販売許可が下りたとか、って聞いたような覚えがあります。
日本の電波法ではまだ無理でしょうね。

エマージェンシーのアンテナキャップは簡単には回せないようになっていて、付け根にはグレーのストッパーみたいなリングが付いています。
通常使用していて、不用意に回るものではないので大丈夫ですよ。

私はエマージェンシーミッションは後期型で、大変気に入っています。
少し前にフルメンテナンスを終了し、無反射コーティングに少しキズを付けてしまいましたが、ガラスも無償交換してもらい、ファーストメンテナンスだったのでタダでした!
ブライトリングのユーザーを想う姿勢は本物です。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 チタンダイヤル

>>返信 
ブラックホークさん、コメントありがとうございます。
そうですか、航空事故以外でも緊急時に電波発信できるとなると、日本ではまず無理なような気がしますね。
お役所同士が縦割りですから、総務省や国土交通省、まだまだあるか、調整、法律、などなど、いや、まず無理かな。
アメリカのような国で最近やっとこさ許可なら日本なら30年かかるかもですね。
どこかの動画サイトで、腕に付けてる人でも見て夢でもみます。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 浪漫旅人

>>返信 
規制も大事ですが、一番肝心なのは、本当に危険が迫ったときに、必要なタイミングで、使える道具です。
日本は、いつも思いますが、肝心な時に何もできない問題があります。
地震、津波、火山噴火、土石流、航空鉄道事故等、危険が迫り、一刻も早く救済を必要とするなら、使えるようにすることのほうがよっぽど大事です。
役所が規制をかけることで、本末転倒になってはいけない。

大事なのは人間の生命です。そのための道具として、航空事故以外になんでも危機を知らせることができる新型の導入は、一刻も早く国内になされるべきです。
国家資格所持者だけと、厳しく規制をかけることも、果たして正しいことなのか、議論の余地はあると思います。
アマチュア無線4級程度でOKを出すくらいでも十分ではないでしょうか。飛行機の免許資格はなくしてもいいと思います。
これからの日本は、火山活動期に入ったとか言われます。あらゆる切迫した状況の中で、救出を知らせる手段にエマージェンシーの活用を積極的に前向きに、官庁には検討してもらいたいです。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 BRファン

>>返信 
浪漫旅人さん、

人命が一番大事…よく解ります。(まぁそれとて、大自然界からしてみれば、人類のエゴかも知れませんが…。)

しかし、一定レベルの規制が必要なのも解ります。
何せ、タクシー代わりに救急車を呼んじゃう人が後を絶たない国ですから。

まぁでも本当に命がかかったら、規制なんかすっ飛ばして救助を求めるのは、多くの人にとって自然な感覚/行為だと思います。

しかし一方で規制を緩めると、或いは罰則を緩めると、遊び半分でアンテナ伸ばしちゃいました、緊急信号を出して何分で救助が来るか試したかった…みたいな人が間違い無く居る以上、やはり「或る程度」の規制は、やむを得ないでしょう。

なかなか難しい課題ですね…。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ヘッドウインド

>>返信 
法律が、ルールがと言う方もおられますが、確かにそれが正論なのはわかりますが正直な所、私達は常日頃から法律を違反する事でスムーズな暮らしをしている訳なんですよね。


自動車を運転される方もおられると思いますが、免許を取ってから警察に捕まった、捕まらないに関係無く、今まで1度も違反をしたことが無い方はおられますか?

あるいは、高速道路を走っていて前に遅いトラックがいたので追い抜いた、100キロ以内なら問題ありませんが、101キロ以上出したら厳密には違反ですよね。

法廷速度40キロの道路だが、今日の車の流れが50キロだったので、50キロで走った。厳密に言えば違反ですよね。
営業マンだが、歩道を歩いていたら、オーイと聞こえたので見たら、大事な取引先の社長さんで、こっちに来てくれと言われたので、横断歩道では無い道路を横断した。これって厳密に言えば違反ですよね?

このように、普段私達は法をおかしてスムーズな暮らしを維持している訳ですから、あまり細かい事を言うのはどうなんだろうと、思いますね。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 Tour

>>返信 
みなさん こんにちは。
すごく盛り上がっていますね。いろいろな意見があり参考になります。エマージェンシーって奥が深いですね。
いろんなルールが ありますが、 遭難した時など 本当に救助が必要な場面でのみの使用に限る。でいいような気がしますが。無線の免許や何か資格が必要とかあると エマージェンシーの活躍の場が 少なくなってしまうのではとおもってしまいます。いたずらで 使う人がいなければ もっと簡単に買えるのだろうなと思います。そうすれば 登山とかで遭難した人が この時計を持っていて助かったとか、地震で生き埋めになっていた人が この時計で助かったとかあるはずです。そうなれば この時計の価値は もっと上がるだろうなって 個人的に思っています。
いたずらや悪用する人さえ いなければ 多分 普通にかえるのかもしれませんね。無理かな―――。 

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロノ

>>返信 
このエマージェンシーの話題、すごい盛り上がり方で、驚いています。
資格が厳格で、持つ人が限られるこの時計について、これほど多くの方が興味を持ち、真摯な意見を持っておられることは、興味深く、問題意識を新たにしました。

難しいですね、法律というのは、国民が遵守すべき規範を国が国会で決めるものですが、なんでもかんでも規制付けにすればいいものではないですね。
いくら法は厳格といっても、潤滑油、お目こぼしも必要だと思います。ヘッドウインドさんが良い例示をされています。私もそう思います。

また、一方、違反者、犯罪者がいるので法律が次から次へと作られるというのも、また真実です。さて、エマージェンシーについては、
正当な理由のあるエマージェンシーの使用なら、事後認定でOKとすべきだと思います。また、資格は不要。
危機迫る緊急のやむを得ない切迫した状況下で、早い救出活動に資するためなら問題なし、これでよいと思います。
ただし、いたずら、興味本位の使用で稼働させた者は、30万以下の罰金に処す、こういう罰則付きででならいいのではなでしょうか。
30万以下の罰金は、最も悪質なものは、懲役1年以下または30万以下の罰金でもいいでしょう。お上がよく法律で使う罰則規定でおなじみのものですね。

とにかく自然災害頻発の今の日本に最も必要な時計だと確信します。私も諸官庁の寛大な認可を希望いたします。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
みなさんがエマージェンシーという特殊な機能に付いて感心を持ち議論するのはとても大切で貴重なことだと思います。みなさんブライトリングファンですもんね。

私の持論になりますが、航空事故遭難以外でもし、大震災、登山遭難、行方不明になり捜索されているとします。
その時に無駄な時間と労力を無くすためと、一刻も早い救助をしてもらいたいし、命を助けて欲しいので遭難信号を発信すると思います。
もし、その事で罰金があっても助かるなら受け入れます。
エマージェンシーの販売約款に、航空事故遭難での使用はリペアが無料ですが、それ以外だと定価の半額を目安の金額でリペアしますとあります。
えっ⁉︎それ以外の使用も想定してるの?って思いました。
エマージェンシーの緊急遭難信号発信は一回きりですので、また直さないと元にもどりません。
みなさんがおっしゃる通り、正当な救助活動に繋がる使用なら可能にしたほうが、本当の意味でのエマージェンシーになると思います。

私は普段でも日常的にエマージェンシーをしています。
もし誘拐されても、山道で落ちても、いよいよになったらダイヤルをひねりアンテナを伸ばします。
腕にしていると、なんだか護られてるようで、とても愛しいブライトリングの時計となっています。
ずっと使い続けると思います。

日本の法律は古いので中々難しいのかもしれませんし、持論を正当だと主張するつもりはありませんので、みなさん誤解しないでくださいね。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 BRファン

>>返信 
ブラックホークさん、こんにちは。

世の中がブラックホークさんの如く、良識を弁えた方ばかりだったら、何でもガチガチに規制する事ないんでしょうが……ネェ(溜息)。
しかし、いざという時に頼りになる相棒が、常に腕元に備わってる…これこそがこのエマージェンシーというツールの真骨頂だと思いますし、そんな相棒を携えたブラックホークさんを、とても羨ましく思います。

災害王国のこの日本で、如何にサバイバルして行くか…願わくば、最強のツールを腕にしたい…という憧れは抱いても、やはりそれでも私には現実離れしており、現在の環境下ではハードルが高過ぎます。

緊急信号は発しませんが、幾つかビジネスの修羅場を共に戦ってきた普通の時計達を、深い愛情込めて日々使い続ける事が、私には精一杯であり、また身分相応だと感じます。

P.S.
何気に、4年以上前のスレに対する亀さんの亀レスから盛り上がった今回のエマージェンシー議論。
BRファンとしては楽しくもあり、規制/ハードル低下が心底求められる災害王国になってしまった自国の現状に想いを馳せれば…何だか複雑な心境ではありますな。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 グリーン

>>返信 
所有者の資格については、パイロット免許と無線免許を条件にしていますが、少なくとも現在最新のエマージェンシーは航空以外の目的に使用できるそうですので、この点は大いに賛成です。
ですが、災害王国の日本の昨今の状況では、なんだか必須の時計だと思います。サバイバル道具としてデイパックに緊急防災部品と腕にはエマージェンシー、これって万全ですよ。
この時計が日本に導入されるのはいつか。日本はアメリカ追従主義ですから、アメリカで認可なら、意外と早いかもしれないですね。(個人的希望的観測ですが)

緊急以外の悪戯、トンデモ使用の人には罰則をもって処断するでいいと思います。それで充分でしょう。資格は特に無しでよいと思います。どうしてもなら、認定講習会制度を作って、修了試験7割で合格でもいいじゃないですか。
これからの日本はもっと深刻な災害が起こってくる予感がします。災害救助手段に一家に1台エマージェンシーなんて世の中になってもいいではないですか。
大事なのは人命です。これほど重いことはないのです。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 めびうす。

>>返信 
みなさま、こんばんわ。
なんだか見ない間にますます盛り上がってますね。
上のほうの書込みに、航空機登録(航空機局としての手続)の件が出てきましたが、一応このHPをよく確認すると、
>http://www.breitling.co.jp/emergency/qualifications/index.php
に載ってますね。
当然、既に皆様が書き込まれているとおり、BJが強制しているわけではないですが、強く求めている感じですかね。
販売店で店員さんの説明を口頭で聞けば、航空機局の開設が義務付けられていると聞こえてもおかしくは無いかもしれません。店員さんの口からサインだけですからとは言わないでしょうから。
先のわたしの書込みですが、ルールが作られるのは仕方が無いという趣旨の書き込みましたが、ド○ーンの件をみてもやっぱりそうなっちゃうでしょう。
でも、実際のところ電波法やその施行規則の類をちゃんと見たわけではありませんが(面倒なので)、持ってるだけで罰則があるなら海外旅行でうっかりエマージェンシーを持ち込んだ外国の方はたまらないですね。
運用上、局の開設(届け)が必要なのはわかるけど。。。
また、クロノ様、ブラックホーク様が書かれています緊急時の使用ですけど、これって緊急避難に当たるんじゃないですかね。
一般的に緊急避難(刑法に定める生命財産の危難の場合)であれば事後承諾というより仕方が無いと解釈されるんじゃないですかね。その災害等の危険度の大きさや必要性の有無など本当に致し方なかったかどうかという検証はされた上で。
当然、航空機事故だろうとなんだろうと関係ないと思いますよ。まさか、登山による遭難だから信号はキャッチしたけど規程外だから無視なんてことないでしょ。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロスウインド

>>返信 
久しぶりに来ました。この時計の話題、飛びぬけて盛り上がっていますね。
ずっと最初からコメントを読ませてもらいましたが、既にご所有の方、欲しいけど、どうにもならない方、なんとかしてよ的な方、建設的意見をお持ちの方、様々で、この時計に期待したい思いの強さを感じます。

免許はとりあえず置いておいて、問題なのは、めびうす様のコメントにありますように、購入後の「航空機局としての登録手続き」が厄介な点だと思います。
アマチュア無線の資格を取った後で行う無線局の開設届けに該当する手続きなのですね。つまり、この手続きをしないと無線操作はできない。

時計だったら、どうなるか。腕にしてるだけなら、たぶん問題ないのでしょう。だけど、発信行為(アンテナを伸ばすこと)が不可能なだけでないでしょうか。
アンテナを伸ばすことが、無線操作に該当するのですから、単に腕にして時計の機能だけの目的で使用するなら問題ないと解釈してるんですが。

例えば、アマチュア無線免許を取って、無線機器を買って、家に置いておいて使わないなら、届けをしなくても問題ないでしょう。無線操作をするなら開設届けが必要なわけでしょう。

めぶうす様がご提示のHPのエマージェンシーの規定説明を見てみましたが、これだと詳細はわかりにくい説明ですが、時計機能の目的ならOKなのか、そもそも購入後は必ず開設登録をするのか
解釈の仕方で規定の受け止め方が変わるように思うのですが。
BJ公認アドバイザーに確認すればわかると思いますが、役所に直かに確認すると藪蛇になりそうですから、いい方向に解釈しときます。(あくまで私見です。)

re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
私が思うに「(航空機のパイロット又はパイロットに準ずる者。つまり、航空法第二十四条で定める定期運送用操縦士、事業用操 縦士、自家用操縦士、航空士、航空機関士、航空通信士、航空整備士、航空工場整備士のいずれかの技能証明を有する方。)」が曖昧なんですよ。
大体、(航空士、航空機関士、航空通信士、航空整備士、航空工場整備士)が機体を所有するわけがありません。
1.航空機局無線設備としての登録を行う。とは、エマージェンシー本体を指すのだと思います。
そして、3の件は、エマージェンシーを転売等にまで言及しています。

あまり騒ぐと、まさに藪蛇になりそうですね。

とりあえず、エマージェンシーは日本の現行カタログには載っていないので、そういうことなのだと思います。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロスウインド

>>返信 
なるほど!
そうですよね、航空整備士や航空工場整備士が、自分の飛行機を所有したりして登録など、おかしな点ですね、たしかにその通りでした。

時計そのものを無線局として登録するんでしょうね、そしてもし飛行機に搭乗して使用するなら、合わせてその飛行機を登録するということなら、すごく納得です。
たしかにそうかもしれません。それでないと、航空整備士さんがエマージェンシーを買って、飛行機登録なんておかしすぎますね。

たしかに、この規定はすごくファジーです。もうちょっと詳細に書かないと勘違いしてる人、相当に多いと思いますね。

航空従事者免許と無線免許はハードル高いですが、それさえクリアできれば、時計だけを登録で済みますから少しだけ敷居が低くなります。
でも、突っ込んで役所に確認して藪蛇だけは避けたいですからね、そういう解釈で納得としましょう(笑)。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
BRファンさま、こんばんは。

私の書き込みに、ありがとうございます。
エマージェンシーが本当の意味でのエマージェンシーになるようになればいいですね。
そうすれば、日本の救助活動にもイイ意味での手助けにもなると思います。
あてもなく捜索するより、ピンポイントでの発信源をたどる方が、はるかに効率的でエコです。

みなさんも、ありがとうございます。
しかしながら、日本のお役所縦割り行政の諸悪の根源は、だれも責任を取りなくないという悪循環です。
東京五輪の問題が、それを如実に表しています。

私のエマージェンシーはスイス本社にもケースナンバー、オーナー情報等がしっかり登録されております。
なので、違法でもなくイザとなれば発信します。
日本での規約で1年に1回点検など書かれておりますが、実際はバッテリー切れが起きてからのメンテナンスが現実だとブライトリングの方に聞きました。
実際、エマージェンシーのフルメンテナンスの基本料は7万円ほど。
それを毎年やる方は数少ないとおもいます。
エマージェンシーは時計というより、救命装置も兼ね備えております関係で、バッテリー交換だけはしません。
フルメンテナンスという、オーバーホールです。
理由は、万が一の時に最高性能を発揮する為です。

エマージェンシーを購入し、ちゃんとブライトリングに登録されれば、あとは本来の機能を使うか使わないかだけで、それ以外はとてもカッコイイ、少し見た目が違うブライトリングのウォッチです。

エマージェンシーがみなさんの関心を少しでも集めたことは、嬉しいです。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 めびうす。

>>返信 
こんばんわ。
ブラックホーク様、ありがとうございます。
流石に実際に所有されている方のお話はわかりやすいです。伝聞や想像だけで話をしているとどうもずれてしまって。
お店の方でも実際にそんなに詳しいわけではないでしょうし。やはり正規の手順を踏んで購入・登録された方のお話は説得力がありますね。
因みに、一点ご教示ください。
運用に当たっての無線局の登録をされると、やっぱり識別信号を役所(総務省?)から付与されるのでしょうか?確か、放送局などでもJOから始まる識別信号が割り当てられますよね。ELTも同じでしょうか?

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロノ

>>返信 
ブラックホーク様

 私も、「無線局の登録届」 なる手続きの詳細を教えてほしいです。他の方もコメントされているような「飛行機」ではなく、エマージェンシーの時計そのものを登録することで購入後の条件えを満たすということで
良いんですかね。
そして、その時計にJO。。。。という開設番号のような記号を総務省から付与されると。

購入後の登録は、飛行機を所有してる人なら、時計と飛行機両方を登録するのか、または、飛行機だけなのか、時計だけでOKなのか、そのあたり、教えていただけますと、ここに参集するコアなファンの方々が大いに理解が進むと存じます。

よろしくご教示のほどお願いいたします。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ピッコロ

>>返信 
毎年7万ですかあ。これは辛いですね。まあ実際は、電池切れでメンテ出すのが正解でしょうね。

だけどですよ、無線局の検査は毎年検査でしょ、代わりにブライトリングが点検整備をするんだから、ちゃんと1年毎に検査しないと即違反にならないの?
少なくとも行政罰くらいそうだけどね。
検査履歴の書類をその都度、役所に報告、届け義務有るのではないですか。空白の年があれば役所も把握できてしまうのじゃないですか。

飛行機の搭載無線機も毎年検査だっていうじゃないですか。正規の手続きで購入したのなら、毎年検査しないとダメなのじゃないかと思うけど、もし、ブラが電池切れのタイミング
で皆さんOHしてんですよ、なんて言ったとしたらこれ、違反じゃないの。あまり大きく言っちゃいけないんじゃないの。
そりゃ、7万は高額な金ですよ。クロノグラフの機械式で4,5年で7万くらいだけど、この時計は毎年7万でしょ、毎月5000円以上貯金だわね。

検査義務と検査の結果報告の義務とか、手続き上の話って、本当のところ(建て前と本根)では、裏と表の話が相当にあるようだね。日本らしいな。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
みなさん、こんにちは。
私もメーカーの人間ではありませんので、無責任なことは言えないので、ここでのことはここだけの話しにしてください。掲示板でこんなことを言ってるやつがいたけど
、どうなの⁈とか問い合わせをしないでください。

私もあまり詳細には無責任に言えませんが、アマチュア無線の様なJOのようなサインの割り当てはありません。
エマージェンシーの裏方には電波を発信するトランスミッターのことが刻印されています。
TRASMITTER MADE IN FRANCE
は、緊急遭難信号121.5MHzを発信するのは、フランスのダッソー社製の発信器です。

さらに、FCC ID:OPFE56X…-Y
と番号があり、その下にケース番号があります。

この時計とアマチュア無線とは違います。
この電波はあくまで発信したことにより救助活動を発動することではなく、あくまで事故による捜索活動の手助けをすることが本来の目的です。

とにかく、アンテナ部分の裏側には「ウォーニング ユーズ オンリー イン ケース オブ リアル エマージェンシー」とあり、使用は本当の緊急にのみ と英語で刻印されています。

この発信電波はあくまで航空機の遭難信号を補完するものであるので、割り当てられるサインはないです。

色々まだ書き足りないことが山ほどありますが、補足が足りなくて上げ足をとられたり、誤解されたりするのはご勘弁してくださいね〜。
個人的なこともありますので、あまり赤裸々にかけないことはご了承ください。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロノ

>>返信 
ブラックホーク様、言いにくいこともあるのでしょうが、ありがとうございます。

でも、肝心なことが教えていただけてませんので・・・・、そこを教えてください。

結局、購入後に、飛行機(所有してる場合)又は、エマージェンシー自体を登録するのか、しないのか、です。購入後の条件の、無線局の開設届けは、飛行機を持ってなければ、エマージェンシーの番号とかを登録することでOKなのでしょうか。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
クロノ様

購入の時点で、ケースナンバーを登録することで、スイス本社にもオーナー情報も登録されます。
住所、氏名はもちろん、職業諸々です。
それにより、そのエマージェンシーがどのようなメンテナンスをされているかも管理されます。
それは世界中どこでも通用するオーナー情報です。

私はブライトリングの社員ではないので、無責任なことは言えませんが、エマージェンシーがみなさんにも幅広く使用され、1モデルとしてみなさんに愛され使われるなら、時計にとってもとても幸せなことだと思います。
私はエマージェンシー取り扱い店以外のブライトリング取り扱い店にエマージェンシーを持って行ったところ、やはりビックリされましたことは少し嬉しかったです。
それは余談です(笑)

re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
追伸ですが、
無線局の開設ではなく、エマージェンシーのケースナンバーとオーナー情報の登録です。
アマチュア無線でも無免許でやってる人もいますが、これは無線交信するものではなく、一方的に電波を発信するものです。
飛行機など所有する必要はないはずです。
飛行機がないと買えない時計って、そこまでの時計なんてこの世にあったらスゴいですね(笑)

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 めびうす。

>>返信 
こんばんわ。
みなさま、やっぱりエマージェンシーを所有するというのは大変ですね。
因みになんとなくわかりました。
実際には、無線局(航空機局)の登録をしなくても(登録することを約するエマージェンシー販売約款補足とやらに署名していても)、実際にはBJ自体は後追いをするわけではないということです。
そこのところは自己責任ということなんでしょう。BJ側からはちゃんと誓約してもらったという建付けです。
それに、前にも書きましたが、この無線機は特殊な用途の無線機なので実際には本当にエマージェンシーのときしか運用しないわけですから、その特殊な場合はどう考えても生命財産に危機の及ぶときなので、緊急避難が適用されるように思うんですよね’(違ったらごめんなさい。)。
因みに、無線局の登録は発信(トランスミッター)するから登録が必要なのであって、交信(相互に送受信(トランシーバー))するから登録が必要なわけではないです(当然トランシーバーも登録の対象ですが。)。当たり前ですが、受信機(レシーバー)だけなら登録の必要はないです。
前述の放送局は基本的には送信しかしませんが無線局の登録が必要であり、方やラジオを所有していても登録しないですよね。
因みに因みに、このルール自体は日本固有のルールではないはずなんですよね。
前述の放送局のJO××××やアマチュアのJA××××の頭の記号は国際的に日本に割り当てられたもののはずななので。なので、航空機局の記号はどんなのかな〜と思ったのですが、、、。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 BRファン

>>返信 
皆さん、こんにちは。

盛り上がってるこのスレも、もうすぐ100件に到達しそうな勢いですね〜。^^;
エマージェンシーについて様々な情報を得るに連れ、登録条件、各種手続き、メンテを含めた費用負担、所有したとしてもその保管/管理面など、やはり特別なツールであるという再認識を確信すると共に、何だか不思議とB50が格安に思えてきました…(笑)

実際このスレを読んで、エマージェンシーを本気で欲しい、と考え始めた人の1割でもB50に向かえば、B50の売上もかなり伸びそうですね。(^^)

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロノ

>>返信 
ブラックホーク様、大変にわかりやすいご説明をありがとうございます。

よーく理解できました。納得です。それとともに安心しました。

それと特別な時計だということもようやく真に理解できたところです。それだけに欲しいと強く思いはじめています。厳然と航空免許類を取得しなければならないハードルもあるのですが、
調べていたら、日本人の教官がいる飛行学校がオーストラリアにあるようです。いろいろと調べていたら、日本の自家用機の9割以上はアメリカやオーストラリア等で取得し、日本へ帰国後に書き替えで日本の免許を得ているようですね。
しかも日本で取るよりはるかに安いとか。ネットを調べてみると、日本だと気象も厳しく、住宅密集で、訓練エリアも狭く、取得までで年数もかかり、お金も500万近くもかかるそうです。
ハワイとかグアムでも日本人が多く訓練して取得してる写真も載っていましたよ。皆さんうれしそうにガッツポーズで免許証を片手に飛行機の横で決めてました、カッコいいです。
私もオーストラリアの訓練を視野に頑張ってみます。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 BRファン

>>返信 
クロノさん、こんにちは。

そこまで想いが高まってしまったなら、ここは一つ、本気で航空免許を取得して、いつの日かエマージェンシーを手にされることを是非実現してください!(^^)
私は何度か書いてるように、やはり諸々の障壁があって無理ですが、代わりに心の中で応援しています!\(^o^)/
またそこまで努力して入手された暁には、それこそ生涯伴侶の最強サバイバルツールになると思いますよ。

いつの日か、この掲示板で、クロノさんのエマージェンシー購入報告が聞ける事を、楽しみにしています。
また、クロノさん以外にも、この一連のスレに触発されて、航空免許を取得し、エマージェンシーを手にする方が現れたら、それは大変素晴らしい事だと思います。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロノ

>>返信 
BRファンさん、涙が出てくるらいに嬉しい応援メッセージをありがとうございました。

 先は長いと思いますが、よく計画を立てて、熱意が覚めぬように、免許取得後の計画、金銭面等を吟味して実行しようと思います。

そして、無事に免許、国内航空無線免許を取得して、晴れてエマージェンシーを購入できましたら、ここで改めてご報告させていただきます。

今はネットがあって便利ですね、いろんな方が航空免許取得記をブログで公開しているんですね、本当に参考になります。こういう記事を読んでみますと、夢とは思えない、現実的なことだなと思えてきました。

ですが、安全を第一に無理をしない計画を立てて、頑張ります。

BRファンさんの暖かい応援、本当に嬉しいです。ありがとうございました。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ロコ

>>返信 
クロノさまのご決心、すごいことだと思います。
昔、グアムに行った時に、飛行機の体験操縦というのがありましたね。たしか、日本人の家族連れがホテルからの出迎え車で連日飛行学校へ行ってました。
その家族の父親に聞いてみたら、その飛行学校で操縦体験もでき、そこで免許も取れると言ってましたよ。
グアム一周のフライトは格別とか、離陸、着陸を国際飛行場で自分の操縦でできるなんてすばらしいと思いました。

とにかく頑張ってくださいね。僕も応援していますよ。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 cocktail

>>返信 
航空従事者ということで飛行機や回転翼機の技能証明の話が出ていますが、
滑空機(グライダー)でしたら国内でも比較的取りやすいのでは、
と思います。

オーストラリアでの訓練は、今は英会話が現地人並みにできないと難しくなった話を聞いたことがありますが、
また情勢は変わってきてるのかな?

当方は14年前にアメリカで回転翼のライセンスを取得し国内技能証明に書き換えました。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クラブ・ブライトリング会員TOUR

>>返信 
クロノ様

頑張ってください。クロノ様がこの時計を 購入したと報告される日を楽しみにしております。ブライトリングで 一番価値のある時計かも しれませんね。手に入れたときの 満足は すごいでしょうね。応援しています。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
クロノ様

是非とも頑張ってください!
意志あるところに道は開ける!
ということで、目標を持つことは大切です。
是非ともイイご報告を皆さん共々待っております。
GOODLUCK!(^^)!

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 grayroman

>>返信 
クロノさん、オーストラリアでの成果を楽しみにしています。頑張ってくださいね。

ところで、前の方のコメントにもありますが、私は以前、仕事の特別休暇利用でハワイに行ったときに、同様な飛行機操縦スクールでの体験操縦をしてきました。

その学校の校舎内には多くの日本人カップル、家族同伴など、たくさんの写真が飾ってありました。とても多い人数に驚きました。こんなに多くの日本人が飛行機の操縦を経験してるなんて信じられませんでした。
そこも日本人の経営者でした。ハワイではとても有名な方のようです。
操縦体験操縦認定証も貰えましたし、満足と冒険感、高揚感、ドキドキワクワクで、すごいエキサイティングで、こんな非日常の世界ってあるんだなあと、とても満足したものです。
ですから、私もぜひ、クロノさんには免許取得まで頑張ってもらって、エマージェンシーを手にしていただきたいですね。

外国の免許が日本の免許に書き換えができるというのも魅力です。こんないい方法があるのに利用しない手はありませんよね。
個人的には、ハワイもお勧めです。なにせ日本人がたくさんおりますし、訓練中に日本人観光客にカッコイイところ見せられますしね。
パイロットサングラスにネクタイ、ワイシャツ姿のスタイルは実に気分がいいでしょう。

夢を現実に、飛行機操縦免許をおみあげに、頑張ってください!!

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 シナモン

>>返信 
クロノ様

ここに書かれている記事を見て、私もネットで調べてみたら本当にグアムやハワイに体験操縦がいろいろあります。
全く知りませんでした。マリンスポーツくらいなのかなとずっと思っていましたので、なんだか楽しくなりました。
日本からそう遠くないアメリカで、免許が楽しめて取得できるのなら、私もなんだか免許取得してみたいなと思いました。
たくさんの日本の方が挑戦されてるのですねえ。
オーストラリアの広大な大地で訓練を積むのも良いですが、距離と時間を考えると、グアムなど4時間くらいなので、週末グアム訓練も便利みたいですよ。実際にそういう人がいるそうです。
とにかくも、いろいろと比較研究してみるほうがよさそうです。
なんだか、自分のことのように思えてきて、私も挑戦したくなりましたよ(笑)。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 エアロバティック

>>返信 
老婆心ながら一言、言わせてください。
私の友人に自家用パイロットがおります。彼の言や、私が傍から見てきた経験から申し上げておきます。

海外でお気軽に免許を取ってきて国内免許書き換えが持て囃されていますが、その後をどうされるのか、そこらへんをよく塾考されたほうがよいと思います。
もちろん、エマージェンシーを買うためだけに、免許を取得するのは個人の自由です。
ですが、海外で安くとはいっても、やはり100万を超えるお金がかかるようですから、資格を活かすという点ではもったいないと思います。

さて、日本の航空事情、特に自家用パイロットと呼ばれるカテゴリーは、技量維持のために訓練を積み、さらに2年に1回、技量維持審査を受けて合格し続けないとけないそうです。
このための訓練や費用もかかります。さらに、年齢によって毎年又は2年毎に航空身体検査を受けて合格し続けないといけないのです。
免許を維持し、実際に飛ぶためには、ずっと試験、試験ですし、お金もかかり続けます。
この世界は、お金持ちのための道楽ですし、趣味の世界と考えても、お金のある人でないと続かないと思います。まして自家用機のオーナーなど、雲の上の人です。

さらに、先日の小型機墜落事故を受けて、行政官庁も対応を厳しく、地域住民の目も厳しく、益々、自家用機を飛ばせない、飛行停止を要求するなど自家用機を取り巻く環境は厳しさを増すばかりです。
ちなみに、日本でどこかの飛行倶楽部に入会したとして、飛行機レンタルや内部訓練などでも、1時間約5万円近くもかかるようですので、日本で飛ぶのも高くつきます。
サラリーマンなら、たった1時間で、1か月以上の小遣いが飛んでしまいます。

以上、日本を取り巻く自家用飛行機を飛ばすために、いかに困難、お金がかかるかを概略申し上げましたが、いかがですか。
現実は厳しいという感想を持たれませんか。時計を買うためだけに免許だけ取るのも悪いとは申しませんが、なにかもったいないです。
国家資格は活かしてこそ、生きてきます。そこらあたりの長期展望、資格の活用、その上でのエマジェンシーの楽しみ方も、よく塾考されて判断してください。

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ぴろん

>>返信 
飛行機はお金がかかりますね。
毎年なんだかんだで仰るような費用を払い続けるのと、エマージェンシーを維持するための検査費用7万のダブルパンチで
湯水のようにお金が出ていきますね。
そうまでして欲しいとは、、、ちょっと引いてしまいますよね。
人それぞれだけど、他に無い価値観のために数年で元価以上の金が飛んでいくんですから、よほどの計画とお金の運用を考えないと、結局手放すことになりかねませんね。
特別な時計とは思うけれども、それ以上でもないし、それ以下でもない。そのために自分の命を張ってまでして、航空免許を取る重みって、あるんだろうか。
意味わからないな。まあ人それぞれだけど。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
価値観は人それぞれなので、他人がとやかく言う事ではないと思います。
どんなことも人の為じゃなく自分の為にするんだから、いちいち自分の価値観を押し付けない方がいいと思う。
パイロット免許をとって、無駄になるかどうかなんて関係ないじゃん。
エマージェンシーに関係なく、資格を得たんならそれでいい。
資格を取った後の心配なんて余計な御世話だと思うけどね。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ぴろん

>>返信 
たしかに個人の自由だから、何を考えどう行動しようが勝手です。

しかし、経験者に近い立場の人が、あえて今後のためを思ってしている助言なのだから、後学のために聞く耳を持つ価値はあると思いますね。
決して否定しているわけではないし、免許も結構だけど、あとでこういうことが待っているとか、こういう金がかかるとか、貴重な情報があると思う。
それこそ、他人が、そんな余計なお世話を言う必要がないなどとは言えないでしょうに。

飛行機免許は、車やバイクなどと違って特殊で、一般庶民には知られていないような現実ってあるのじゃないかな。
そういう貴重な情報をもたらしてくれる人の助言は決して軽んじてはならないと思います。
まして、危険な、命をかけるような免許です。お金のこと、保険のこと、維持更新条件、知っておいて損することなど何もないです。

自分の価値観の押しつけじゃなくて、感想とでもいうようなことです。経験者の言う助言をどう取り、扱うかは、クロノさんの自由だよ。
今までの方々の助言、情報で、エマージェンシーを所有することがどんなに大変なことか、またそのための投資がかかるか、危険性も伴うか、理解できたのではないですか。
価値観の押しつけではなく、重要な情報をもたらしてくれた人の意見、感想をどう受けとめるかは、クロノさんの自由です。
僕だって、参考になったけれども、逆に怖くなったくらいです。自分の収入、生活スタイル、要するに分相応か考えたとき、自分には向かないと判断するきっかけにもなったからね。
どう考えるかは、人の自由だが、それをまた批判するのも、どうかなと思うけどね。

re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ボヤキ親父

>>返信 
相変わらず熱き議論で盛り上がっていますね。
何かの事を起こす前に、事前の下調べや経験者の話、ネットの記事を参考として決めるのはもはや常識でしょう。
その情報が詳細であればあるほど、現実というものが把握できるんですね。
そのことを余計なお世話と言う人に限って、そのほうが余計なお世話なのですよ。

飛行機の免許を取ろうという人に、お金や、その後のことを詳細にアドバイスすることは、それがマイナスな面があるにせよ有用な情報のはずですよ。
もしかしたら、そのマイナス面のほうが時計を所有することより深刻な問題だったとしたら、その人は救われたというべきでしょうね。
物事というのは、いつも夢一杯の理想郷のような甘いことだらけじゃないんですよ。
むしろ、現実は厳しく過酷であることのほうが多い。

だからこそ、クロノ様に対して激励は結構なことですが、金銭、危険性、取得後の現実というものを知ってもらうことは参考となるのではないかなと思いますけどね。
私が仮に経験者だとしたら、真剣に厳しい現実のほうをもっと忠告、アドバイスするでしょうね。辛口のアドバイスであっても、そのほうが身のためになるんです。
自分のことじゃないからといって、安易にイケイケドンドンでは、本当は、その人のためにはならないんですよ。

余計なお世話が、後になってあり難い福音であったと気づく時もあるかもしれません。痛い思いをして初めてわかるんです。
親の有難味も、家族と離れて暮らして初めてわかるということと同じで、苦労して初めて理解できるんです。だからこそ、最初に知っておいて欲しいことがあるんでしょう。
その上で、己が覚悟を決めて実行するのならそれは自己責任となる。
ということで、「余計なお世話こそ人生の要諦である」、 と締めくくっておきましょう。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
私の書き込みを不愉快に感じたのなら失礼いたしました。
ただ、いままで散々パイロット免許等のことについて様々書かれていましたのに、その時には金額等のことや取得後の事は特に書かず、
いざクロノ様の一念発起に応援がたくさん来たとたん、金がかかるだの大変だのとネガティブな事が出てきて、なんか興ざめしてしまう感じがしたので書かせて頂きました。
クロノ様も独自に調べていけば分かりますし、その上で独自に判断すればいいだけの事です。
素直に頑張って下さいでいいと思います。
もちろんパイロット免許取得やもろもろにおカネがかかるのなんてクロノ様も百も承知だと思います。

私は自分の子供が、夢に向かって何かをしたいのなら、お金がかかっても実現させてあげたいという気持ちを持っています。
もちろん自分の夢も、お金がかかっても実現できることならなんでもチャレンジします。
どうしても不可能なことは常識で分かりますし、白昼夢みたいなことは考えません。

ここはエマージェンシーという時計というスレです。
脱線していたので、あえて軌道修正の意味も含めて書き込みましたが、大変失礼いたしました。



re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 オッパイロット

>>返信 
航空通信士とってしまえばいいのではないでしょうか?
それならば試験の日程こそあれ勉強量は100時間といったところでしょう
航空特殊無線技士の資格と航空工学や気象を学んで身体検査を満たせば問題ないはずです。
高校生でも取れるような難度ですよ。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 とん

>>返信 
おっ、オッパイロットさんに1票!

航空通信士、穴場の資格みたいですな。無線免許で資格要件クリアーですか。

これなら安上がりですな。独学か学校通っても留学よりはるかに安いすね。飛行機自体は関係ないすしね。

3人寄らば文殊の知恵とはよく言ったもんす。いろんな人の見解を聞くことは、たしかに耳学問ですな。

さあ、だんだんエマージェンシーに手が届いてきたよ。経験者の人、情報屋の人、どんどん有益な手段をお聞かせを!さあらっしゃい!!

re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
昨日放映されていたエアレースでも、ブライトリングの機体のチームがカッコよかったですね。
スタッフ、パイロットたちがエマージェンシーをはめていましたよ。
女性はナビタイマーだったかな。
とてもカッコよかったです。
どうしてもそっちに目が行ってしまいました。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者

>>返信 
カッコよかったですね、エマージェンシーの存在感は抜群でした。
ちょっと大きめの径ですが、ダイヤルの下にあるアンテナ部分の円筒形の筒が妙にがっちりとした安定感を醸しだしていて、特殊な装備品ということがわかりますね。
あー、私も欲しい気持ちが高ぶってきたよ。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 steadyman

>>返信 
無線技士なら、ほんとめっけもんですね。数百万という金がかからなくて済みますね。
航空無線通信士はちょっと突っ込んで勉強しないと受からないようですぞ。でも、航空特殊無線技士は国家試験免除の講習会で受かるのがあるようです。ただし、最終試験に合格が必要ですが。
独学では無理かもしれないので、特化した学校や講習会に通う必要ありですな。
飛行機の免許取るよりかは、ぜんぜんいけちゃいますよ。
いいこと聞いたなあ。僕も受けてみっかな。
いよいよエマージェンシーが手に届く範囲に入ってきたね。なんで早くこういう貴重な情報が出てこないかな。みんな難しい敷居の高さばっか強調するからね。
やっぱ、敷居を高く維持して、凡人なぞが買う時計でないぞい、と言いたいんだろうな。
しかし、一般人にこそ開放されるのが時計というもんですよ。
時計に敷居の高さは必要ないと思うんだわ。
さあ、計画あるのみ。まずは本屋行って、参考書を物色するべか。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 オッパイロット

>>返信 
私も難しいと書く人が多いのを見て、欲しい人が哀れだなと思って書き込んだんですよ。
航空通信士には実技はなく、特殊無線技士は実技が一つだけあります。
それ以外は講習を受けるまでもありませんし、
実技についてもその必要はないかと思います。
高校生でも受かる、を文字通り捉えてくださればいいです。
現に私も高校生の時に航空無線技士を取りました。
部の試合で全治二週間の怪我をしたので部活動の時間を充てました。
本当に簡単ですよ。
端的に言うと、amazonで本を買って休日を使って、今から一か月で合格する力は付きますね。
平日も一日2時間使えるなら一か月で航空通信士までの力は付くでしょう。
あとは試験日くらいですね。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 steadyman

>>返信 
ネットで安く過去問を買って勉強することにしましたよ。
調べてみると、体験談が出ていて参考となりますね。
私は、航空特殊無線技士のほうで免許を取ることにしました。
ただ、実技試験があるようですが、英語の読みを独特の読み方で試験官の前で時間内で間違えずに、読むだけだから楽勝ですね。
これだけで、エマージェンシーが入手できるなら安い投資ですよ。
入手あとのメンテ代7万円は、電池切れで対応すれば安上がりですね。
来年早々には免許ゲットだから、来年中ごろかな、堂々と店に行って、エマージェンシーを手に入れられますな。
さあ、勉強、勉強。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
みなさん知恵を出し合って頑張ってますね〜
しかしながら、現在日本国内で販売しているエマージェンシーに、現行モデルはありません。
エマージェンシー及びエマージェンシーミッションも現行カタログにはありません。
エマージェンシー兇蝋馥眸稜笋鰐気靴覆里如△發携稜篥垢砲い辰討皀┘沺璽献Д鵐掘次▲┘沺璽献Д鵐掘璽潺奪轡腑鵑虜澹砲無いんではないかと危惧しています。

今もし購入資格があって買いたい場合は、お店にあるんですかね〜。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 オッパイロット

>>返信 
知恵を出し合う、というか
僕がbreitlingの回し者じゃないかってくらい一方的にアドヴァイスをしてしまっていますね笑
まぁ厳しいことを言われる購入希望者がいたので
哀れに思いまして・・・
パイロットは”できない”って言われるのも、言われてる人を見るのも嫌うんでね

それなら海外で買えばいいのでは・・・?
ハワイに正規販売店があるだろうから
時間とお金は土日の二日間と+6、7万といったところでしょう
グアムにあったらもう1、2万は安いですね
ただ海外に行かなくとも、日本のbreitlingの直営店のようなもの?に連絡すれば
今までのモデルに限っては買えると思います
明日誰か連絡してみてはいかがでしょうか
ここの時計ではないですが日本の正規販売店になく、
アメリカの正規販売店からの輸入手続きを日本の販売店に手配させることとかありましたね
ただ言うセリフを間違えたらいけませんよ
「世界の正規販売店のなかで、旧エマージェンシーの在庫があるところを調べてください」

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 steadyman

>>返信 
こんにちは。

ほんと、オッパイロットさんにはお世話になります。微に入り細に入り詳しくやさしい暖かいアドバイスには感謝ものです。

前の人のコメにもありますように、現行最新がほんとは欲しいけど、諸官庁の審査はおろか、日本の対応がどうなってんのか、さっぱりわからんし。

航空以外の緊急事態でも信号を発するとなると、1つの官庁管轄では済まないから、小田原評定よろしく難航するだろうなあ。仮に自分がアメリカにでも行って買ってこれたとしても、

持ってるだけで違法とかなら嫌だしね。やっぱ旧モデルしかないか。どうしても新モデルを適法に持つにはどうしたらいいんでしょうかね。

そこらへん、救いの手があるかお聞かせ願えれば有り難いです。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
エマージェンシー以前のエマージェンシーシリーズなら、国内販売されていたので大丈夫ですが、兇離織ぅ廚糧信システムとなると日本ではまだ違法となってしまうかもしれません。
やはり、旧型という言い方でいいのか分かりませんが、彊柄阿離┘沺璽献Д鵐掘爾覆藕馥盪藩儔弔箸覆蠅泙垢諭
海外から取り寄せれば有るかもしれませんが、新品で残っているのかなぁ。
バッテリー駆動なので在庫中にもバッテリー切れにもなるでしょう。
まずは探してみることですね。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 steadyman

>>返信 
金太負けるな さん、そうですか・・・・、旧モデルは地道に探してみるかですね。
やはり新モデルは国内での販売は無理かもですが、店頭で聞いても同じですな、たぶん。
どなたかコメされてましたけど、アメリカでやっと認可らしいので、日本なら数年以上かかるんでしょうね。

アメリカで在庫探して入手したとして、その後ですが、電池切れの時、BR以外の町の時計屋さんで、進歩的な前向きな時計技士のいるところで、交換、点検とか引き受けないかなあ。
やっぱ嫌がるかな。やってくれそうな人いると思うんだけどなあ。

ま、それは来年試験に受かってから考えてるとして、今は勉強のほうをしないとね。

でも、やはり行動指針だけは、しかっりと立てないとね。エマ桐澆靴い覆◆△覆鵑箸合法に所有できんかなあ。どうせ買うなら最新欲しい。

もうひと声、いいアイデアをお持ちならご教示のほどを。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブルー

>>返信 
ほしい思いが強ければ、アメリカの販売サイトを見てネット購入されたらよいと思います。
その後のことは、国内でもなんとかなるのではないかなと思います。
ただし、自己責任です。
大体、アメリカ当たりで認可だと、日本も右へ倣えで早いかもしれないです。詳細はやはりお店にしつこく聞き続けたり、依頼してみたりして熱心さをアピールしてみたらどうでしょうか。
確かに、需要というものが多くないですし、特殊な時計なので販売ベースに日本の市場が乗るかどうかは、やはり監督官庁の許可が出るかどうかで決まるでしょう。
許可が出れば、間違いなくブレイクするでしょう。あらゆる切迫した緊急時に救難信号を出せるなら、まさにこれからの日本の災害多発時代に必須の装備品となると思います。
とにかく、まずはお店のほうに今後の動向とかを聞いてみて、無理そうか、可能そうか、そのへんのニュアンスを掴むことです。
進捗状況とかが不明だと動きようがないですものね。
頑張ってください。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
海外ですがエマージェンシー暁笋辰討泙后
新品で、これが一番安いかな〜

http://www.chrono24.jp/breitling/breitling-emergency-ii--id3616866.htm

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 steadyman

>>返信 
金太負けるな さん、ありがとうございます。

ありますねえ。すごい。これを見てたら、ポチりそうになってます。

ボタンひとつ押すだけで手に入るというこの誘惑、ものすごい葛藤に悩みます。

ああ、ご紹介のこのホームページを見たらもういかんですね。思いきって買っちゃいますかな。

さあ、どうするか、ウー、行くか。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 BRファン

>>返信 
しかし、皆さんのエマージェンシー熱はすごいですねェ…^^;
ところで、これからエマージェンシーを欲している方のその熱意の原動力はどこにあるのでしょうか?

お金があっても、それだけじゃ購入条件を満たさないと言う、特別なツールである事に対する憧れやステータス性
災害王国になった日本で、いざと言う時に命が助かるかもしれないと言う、サバイバルツールとして…。
エマージェンシーが持つ時計としての雰囲気やカッコ良さ

もしがもっとも強ければ、個人的にはB50でも十分代用可能に思います。
もし,陵由が主ならば、ある意味安心できます。特に男子は、時計に限らず、車やバイクなど、そのようなものに憧れを抱く傾向にあります。
もし△亮要が強ければ、う〜ん、これは色々と考えてしまいますね…。かなり深刻で、根が深い問題です。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 林檎

>>返信 
まだ、加熱していたんですねえ、エマージェンシーの話題がまだ厚く盛り上がっていたとは驚きました。

個人的には、挙げられている中で、,鉢を足して2で割った中間の理由、そして△離汽丱ぅ丱訐かな。
やはり、男子たる者、パイロットという職業とその表裏一体の時計のかっこよさ、価値、希少性、優越感に魅力を感ずると思うんですね。
これが誰でも買える時計だというんじゃつまらない。
選ばれたエリートのための希少な時計、そしていざとなった場合のサバイバル時計としての機能、いやあすばらしいなあ。
こんな時計を腕に、高級クラブなどでさりげなくチラリとやった日には、若い子にキャー、キャーとチヤホヤされるのは必至ですね。
間違いなく、
「うわーすごい。」
「オレ、パイロット免許を持ってるのさ」
「うわー、すごーい。」
「普段、飛んでるのー」
「そうさ、週末にね、飛行場に置いてるから、いつでも乗れるのさ」
「キャー、すごーい、こんど私も隣に乗せてー」
「ああ、いいよ、じゃ今度の土曜日にね」

たまんないですよ。こんな会話ができるなんて。間違いなくクラブで一目置かれますな。
そこらにいるサラリーマンとは格が違ってきますよ、会社でも女の子の話題の渦中の人になるし、オジサン世代でも、ダンディーな素敵なオジサマになりますよ。
それともうひとつ欲張って、船舶1級免許も持っていたら、ダブルーオーセブンじゃないえすか、陸、海、空の王者になります。
いやあ、タキシードも買わなくちゃいけません、モテル男はつらいねー。
ああ、私もそんな紳士になってみたい、見果てぬ夢ですな。(;´д`)トホホ。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
私が思うにエマージェンシーは究極の身につけるサバイバルツールだと思っています。
しかしながら、本体のブライトリングのアナログクロノグラフは通常のクォーツの10倍の精度のスーパークォーツで、私のエマージェンシーの精度は年に1秒以内の誤差でした。
これはホントに凄いと思います。
高級感溢れるポリッシュステンレスはピカピカで、ごっついボディに発信用キャップがまたゴツく、見た目にも普通のモデルとは違うのは分かるし、目立ちます。
しかし、クラブでモテるかは別ですよ〜(笑)
私のエマージェンシーミッションは、スーツにも合うので、オンオフに使えます。

エマージェンシー2は海外で買ってきても、おそらく日本国内では使えないでしょう。
違反となるのかはわかりませんが、日本の法律には合っていません。
オススメできません。
私も欲しいとは思いません。
エマージェンシーミッションが気に入ってますので、これを使い続けます。

女性ウケというより、ブライトリングファンウケがいい時計だと思います。

多分、遭難信号発信なんて生きてるうちに、しないと思いますが、いざと言うときにはこれが命を救ってくれるという安心感が、モノにこだわるオトコに愛されるのでしょう。
いくら有名なカルティエ、ロレックス、オメガ、ウブロ…と、ブライトリングより有名で高級な腕時計は山ほどありますが、遭難信号発信が出来る腕時計なんて世界中でエマージェンシーしかないのですから。

私もロレックスのデイトナを持っていますが、使用するのはエマージェンシーミッションばかりです。
どこへ行くにも、何をするにも、買い物も散歩もドライブも飲みに行くのも使用しています。
単なる腕時計としても、スーパークォーツで秒までバッチリ狂いません。
ホントに一生のパートナーです。
しかし、そのパートナーとブライトリングでメンテナンスをしなければ、長持ちどころか、緊急なときに役に立ちません。
以前も書きましたが、ブライトリングのアフターフォローは素晴らしいです。
買ってからも満足できるブライトリングです。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 グレーローマン

>>返信 
ブラックホークさんのような方が、ほんとうにエマージェンシーで決めている粋なダンディズムというんでしょうねえ。
私も、いざという時の安心感と類まれなる精度に、祖の魅力があると思っています。

クラブのママとか、若い女性に別にチヤホヤされなくてもいいですね、腕に付ける安心感が自分で実感できればそれでよしです。
現実的には、今ある在庫の旧モデルを買うことがいいでしょうね。
それにしても、1年に1秒とはものすごい高精度ですね。こういう時計なら私も所有してみたいです。
B50も良いですが、やはりエマージェンシーがいいですね。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 通りすがり

>>返信 
某所に33万円即決で前のモデル(クロノメータームーブ)が出品されてますな。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ぼー

>>返信 
B50は、雰囲気抜群ですけど、デカくないですか。46mmもありますよ。
いくつか装着インプレッションを見たことありますが、みんなジャンパーとか、ジャケットで腕首を隠して撮影してるので、生の腕に直に付けた状態での印象がわかりにくくなってるんです。
普通の日本人の腕首に着けると、なんか、うん?てな印象になるんじゃないかと。

このB50は、せめて42mmくらいならすごくいんだけど残念です。なんであんなにデカいサイズにするんだろうか。やはりパイロットが機内で即座に視認できる機能性だろうね。
であるなら日常シーンでは、よーく自分の体型とも相談しないとね、見た目が大事なポイントになってくるから。
まだ、エマージェンシー旧モデルなら大丈夫だと思うけどね。
ほんと、世の中うまくいかないものだよ。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ピッコロ

>>返信 
電池駆動、その交換、メンテ毎年、7万円也、これだけの条件を見るだけでおなかいっぱいす。

5年くらいに1回のメンテ、この頻度でもめどうくさいっす。

オレは、なーんも構わない、世話の焼けない時計がいいっすね。

電波ソーラーなんか最高のハイテクっすよ。なんでみんな買わないのかな。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
通りすがりさん
確かにありますね。
しかしこのE76321のモデルは、10気圧の日常生活防水なので、前オーナーがどのような使用の仕方によってもコンディションが変わります。
あとチタンベルトが、最終モデルの一つ前のベルトになります。
あと、アタッシュケース型のケースや信号試験器や説明書、保証書等の付属品が揃っているかは大事です。
私もいまのエマージェンシーミッションの前は、このモデルを使用していましたが、豪雨の中で水分が入り水没しました(笑)
時計にとって防水性能はとても大事です。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 BRファン

>>返信 
ぼーさん、ピッコロさん、

確かにB50が42mm位のサイズで出てくれたら、言う事無しですね!
多くの日本人の手首に違和感無く絶妙にフィットして、精度が無茶苦茶高く、ほぼメンテナンスフリーで、価格も手頃であり、且つブライトリングを主張してる時計…。
そんなの有るでしょうか?

はい、有りますよ。
私が愛してやまない、エアロスペースなど如何でしょうか?(^^)

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 通りすがり

>>返信 
> あとチタンベルトが、最終モデルの一つ前
えっと、最終版はコマが斜めカットになってる三連ブレス、で良いんですか?
いずれにしろ33万円は安いですね。
と思ったら、某所にはあと2本出品されてますね。

小生はすでに所有しているので、どなたかどうぞ。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 疑問人

>>返信 
たしかに、某所にいくつか出てますね。

でも、こういう貴重な時計が出てくるといつも思うのは、前オーナーさんがどうして手放したんだろうか、ということですね。
まあ、経済的事情や飽き、他の魅力的モデル等など要因はあるのでしょうけど。

それと、この時計をゲットしたとして、名義書き換えが必要になりますよね。スイスにまで個人で手続きなんでしょうか。
某所ではやってくれないでしょう。資格確認の免許などのコピーとか取るんでしょうけど。
こういう個人やショップを通して買ったエマージェンシーの保障メンテ、名義関連の書き換えで詳しい人、ご解説願えませんでしょうか。

re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 クロック

>>返信 
ご質問のその1

手放すのは、新製品購入のための売却、
維持ができなくなった、
飽きた、
経済事情による金欠のためやむを得ず売却

 以上のちのどれかでしょう。

ご質問その2
 販売店では、資格確認のみ。名義変更は自分で正規アジア等で行うしかありません。
 その後で、日本の行政上の登録手続きをすることになると思います。

これで晴れてあなたもエマージェンシーの正式オーナーです。

善は急げ、オークションでも受け付けているみたいのようですから、今週じゃないですか、早くしないと売却済になりますよ。
防水性をとやかく言われてますが、100mもあれば十分です。水に入れないようにすればいいだけのこと。
とにかく急いで入札、もしくは店頭に行き、手に入れてエマージェンシーライフを満喫し、大いに自慢してください。
成功をお祈りします。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 金太負けるな

>>返信 
某所に出品されてますね〜。
購入するのも、使用するのも自己責任でどうぞ〜です。
エマージェンシーミッションも出てましたが、前期型ですね。
販売店や個人売買では名義に関する手続きはしてくれません。
中古の販売店がやってくれるのは、あくまで信号発信に関する責任を取ることの誓約書みたいなモノです。
防水性能はとても大事ですよ〜。エマージェンシーミッションはねじ込み式のリューズですが、エマージェンシーは防水性能は弱いです。
とにかく欲しい人が買うのは自由ですので、あとは自己責任で使用してください。
ただ時計の性能上、違法使用や誤発信には罰金が発生する可能性があることだけは覚悟の上ですね。


re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ヘッドウインドウ

>>返信 
いろんな入手手段があると思いますが、私なら中古は買いません。
時計とか車の中古には、なんとなく前のオーナーの念のようなものを感じてしまうのです。
物には、持ち主の念が宿るといいます。例えば人形とかにも。

中古時計、中古車、古家具、趣味性の高い古い骨董品の類、掛け軸、壺などにも、深い念を感ずるのです。
前のオーナーって、どんな人だったのだろうか、今でも健在の人なのだろうか、もしや遺族等が手放したものじゃないだろうか・・・・、いろんな事が想像される。

自分が愛着を持って使う物は、やはり新品がいい。決して批判してるわけではなくて、あくまで個人の私観ですが。
そういう面からも購入の検討に際し、頭の隅に入れておくことも大事ではにかなと思った次第です。

re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 グレーローマン

>>返信 
怖いですねえ。
今までそういう面で考えたことがなかったですね。確かに、他人の愛着品というものには、念が宿りそうですね。
時計に限らず、リサイクルショップで古着とか私は結構買っているので、そう言われてみると、前の持ち主はどんな人か、気にすれば気になってきますよね。
なにも意識しなければ、なんでもないのですが、ヘッドウインドさんが仰るようなことを考え出すと、躊躇してしまいます。
物に前オーナーの愛着、執着、念のようなものが宿るというのは、たしかにあると思います。
いい人なら問題ないですが、いわくのあるような、不心得な人の所有物だったものなど買いたくはありませんし、健在で健常者の方なら良いですが。
うーん、考えてしまいました。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 るる

>>返信 
確かにエマージェンシーを正規でお持ちの方には障害者は居られないでしょうが・・・

障害者な私としては悲しいコメントですな

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 グレーローマン

>>返信 
ゴメンナサイ。そういうニュアンスではなくて、むしろ「 悪意のある不心得者 」のほうのことです。遵法精神の無い非道な悪人という意味です。
そういうような人の持ち物だった時計は嫌だな、そういう意味です。
不快に思われたのならすみません。上記の意味ですので、私のほうが語彙舌足らずでした。

re:re:re:re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 レン

>>返信 
私も、中古は苦手ですね。ヘッドウインドウさんと同意見。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 みんみん

>>返信 
中古品でもいいという物って、たしかにありますね。
私も、リサイクルショップのジーパンはよく買いますし、シャツ、ジャケットなんかも皆中古の古着です。
でも、洗って使いますし、なんとも思わないですね。
ですけど、車や時計となるとちょっと迷いますよね、たしかに。
やっぱり前所有者の人柄とか、扱い方、手放した理由とかも、できるだけ、知ることができる範囲で、やっぱり知りたい。
車なんか、巧みに修理した事故車だったなんて嫌ですからね。時計でも、大きな打痕傷なんか、現在の技術だったら、わからないように研磨もできますしね。

最近は、プライバシーの問題もあり、店では中古品の仕入れルートとか、売却理由など詳しく教えませんし、聞いてもはぐらかしますね。
ましてやエマージェンシーを中古でも、買えるなら今の内とばかりに、安くても買うかと聞かれたら、まず買いませんね。
時計はやっぱり新品でしょうね。
購入条件の国家資格が無いなら、その資格を正規に取って買うまでのことです。それが不可能なら買わないだけのことです。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ヘッドウインド

>>返信 
私は中古品を気にする事は無いですね!
確かに新品を購入して、自分の手でエイジングして行くのも良いですが、すでに良い感じでエイジングされた時計やその他の物も良い味が出ていて好きですね。
それに中古やアンティークでしか購入出来ない物も有ります。

私も死んだら、現在私が所有している時計を誰かが嵌める事になると思いますが、大事に扱ってくれる人が購入してくれればと思います。


re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 ぱちもん

>>返信 
いやいや、自分の後のことはもはや知る由もない。
よく自分の時計を自分の子供に譲るとかいうのを聞きますが、それもどうなんでしょうか。

自分が生きているうちはともかく、いなくなった後に、のちの世代が大事にしている保証はないんです。
ましてや、中古で売る払っている場合もあるでしょう。
やはり、自分が心血注いで大事に慈しんだ物は、自分1代限りが良いですね。あとくされもない。
期待しないことです。

re:re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 マイルストーン

>>返信 
エマージェンシーこそ、最大のトピックだということに反論はないと思う。

この特別なモデルこそ次代のエポックメイキングだろう。ナーバスな世界世相で、時代へのプレステージはこの時計で決まり。

なぜ、この時計の良さを知りつつ、皆買う人が多くいないのであろうか。人気があるのはわかっているのに。

なぜ、パイロット免許をこぞって取ろうとしないのか。なぜ無線免許でさえ、取ろうとしないのか。不可能ではないはずである。

最近、チャレンジ精神という言葉が死語になったように思う。皆、目先の手が届く安易な道ばかりを追求しようとする者ばかりだ。

エマージェンシーを讃えるならば、その証左を見せねばなるまい。この時計を絶対にゲットする信念を見せる意味でも。

私は、今年、その目標を達成する。1年の計は元旦にありというが、夢を追わない者が多い現状を嘆く。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 ブラックホーク

>>返信 
お久しぶりです。
現在航空自衛隊機が遭難し、捜索が行われているとのことですが、海上ならまだしも山中らしきでもまだ発見に至りません。
やはり、こんな時のエマージェンシーなんですよね。
自分の居場所を捜索者に伝えることが出来る唯一の時計。

早く無事に発見されることをお祈りいたします。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 アンティークウインド

>>返信 
戦闘機でパラシュートで脱出出来るなら良いが、今回の飛行機では無理ですからね。

亡くなられた隊員の皆さんの、お悔やみ申し上げます。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 ピッコロ

>>返信 
お初です。
欧州ではすでに販売済みの新エマージェンシーですが、日本での発売の気配が全くありません。
期待しているのですが、無理なのでしょうか。

現在、監督官庁と折衝中なのでしょうか。日本BJはどういうスタンスなのかわかりませんが、ぜひとも日本での販売を願いたいものです。
ここ近年の日本を襲う地震、火山の噴火は、じわじわと活動期に入り、北から南、さらに北と列島を縦横に走りながら、不穏な気配です。
そんな時にでも、安心なエマージェンシーの発信機能は、有効で救難に際し、救援に役立つ時計です。
願わくば、免許制度を撤廃し、単純な登録制だけで良いと思います。要は、どこの誰が所有してるかがわかればいいだけではないですか。
操作だって、ボタン回してアンテナ引っ張り出すだけ。こんな単純な操作に、飛行機の免許や無線免許が必要だという固い考えがどうも理解できないのです。
エマージェンシーのような時計は、国民ひとり1台腕にはめるべき時計だと思うのです。
災害大国日本には必須の時計であります。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 オイッシー

>>返信 
久々に来てみましたが、エマの話題、最高潮ですな。
でも、すっかり忘却の彼方の時計でないですかな。
一般人にはまず縁の無い時計だし、それに災害救助に便利といっても、今や消防自衛隊など公的機関の援助もあるわけで。
ほとんどまったく意味ないというか、役に立つのか、そのために資格を取るって・・・、
この時計は、日本ではまず、絶対に必要がないと思う。
まあ欲しいという人は頑張ってというしかないですけど、この条件に適う人になるには、どれほどの投資が必要なのか。よーく考えないと。
まあいらんですな。
日本で受けないのは、買える資格を持った人がほとんどいないからですな。

re:エマージェンシーという時計 投稿者 breitlingマニア

>>返信 
色々な時計を遍歴しました。ロレックスは一通り、パテック、IWC、ジャガールクルト、ブライトリングなど。
結局今も使用しているのは、ブライトリングエマージェンシーの旧型と現在モデルとEXOSPACE B55です。
寝るときと雨の日はB55、日中の普段はエマージェンシー2ないし旧型エマージェンシーを使用しています。
旧型エマージェンシーはオークションで購入し、ブライトリングに名義登録しています。2年に1回ジュネーブで
電池交換などのメンテに8万円くらいと3カ月ほどの期間を要します。エマージェンシー2は中々手に入らず
苦労しました。ノルウエーの時計店に入金までしたのに、1カ月ほどして、ジュネーブから横やりが入り、販売不可
で、返金となりました。その後、アメリカの有名中古時計店で新品同様をみつけ、晴れて購入出来ました。
定価の約2倍の金額でした。名義変更を済ませ、2年目のメンテに出したところ、メンテ不可となりました。
エマージェンシー2の場合、時計毎に国籍があり、時計の裏蓋に国名が刻印されています。
所有者の国籍と時計の国籍が合致しないとメンテが受けられないとのことでした。
日本で使用可能となれば、時計の国籍の変更が可能となるとのことでした。
時計のバッテリーはしばらくはもつと思うので、日本で使用可能となるのを待っているところです。
しかし、総務省はブライトリングに色々と要求を突き付けています。たとえば、−20度で24時間持続使用出来ること、
電池を一次電池にすること、時計の色を黄色することなどです。
日本では使用には免許が必要で法的規制がありますが、それでも非常事態に際してはその限りではありません。
まず一生使用するような事態に遭遇することはないでしょう。しかし、時計としての希少価値と
道具としても安心感を併せ持つ、魅力ある時計ではあります。
ちなみに私のエマージェンシー2はナイトミッションで黒で、バンドはゴムです。
軽くて、チタンより格好いいです。
旧型は小さなデジタル時計がついた純正のブレスに交換しています。このブレスはロレックスが買えてしまうくらいの価格
で、ちょっと驚きました。

re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 常識マン

>>返信 
まあ、結局のところ、日本人には縁のない時計だということだと思います。
日本の防空レイダー網には、スターゲイザーというものがありますし、緊急事態で個人が電波を発するなんてことになるには及びません。ってか、必要がないです。
これは完全に個人の嗜好品。
飛行機免許、無線従事者免許、登録、飛行機? いったい何百万かかるんでしょうかね。
まあ国産電波ソーラー時計と携帯電話でもあれば十分です。
エマージェンシーなんていう時計は、欧米の話です。
日本は日本の郷に従うので良いのです。

re:re:re:エマージェンシーという時計 投稿者 オッパイロット

>>返信 
うーんさすがによくわかってなさ過ぎですよ(笑)
無線従事者の免許の方と航空従事者の免許の方であわせて3万円くらいのはずです(笑)
操縦士資格を取るならまだしも「航空通信士」で十分ですしね。
その時計を持つだけなら航空身体検査証明も要りません。
私が以前ここに通信士の資格で十分だと明確に書きましたし、
ブライトリングジャパンも私が書いたことと同じ旨を明示するようになりました。
航空通信士で十分だという上記の議論を見ずに、
さらにこのサイトのエマージェンシーのページを見ずに書き込むのはいかがなものかと。
もちろん私は誰かを無知だと非難したいわけではないです。
誰にだって知らないことがありますよね。
このフォーラム?はトピック制になっているので自分が知らないことには、
慎重に書き込みをするか、書き込まないという選択ができます。
もちろん二つの試験ということで少し時間がかかりますが、
高校範囲の理科が現時点でわかっているのであればすぐですよ。
結論としては十分可能です。
私個人としては、一つの時計のために航空無線通信士と航空通信士の資格を取るのはめんどくさいと思ってしまうでしょうね笑
大多数の人もそう思うのではないか、とは思いますが、
誰だって何かの趣味嗜好でマイノリティになることはあるのでね。

 

1 / 1