SPECIAL INTERVIEW Yves --JETMAN-- Rossy

プロフェッショナル・パイロット「ジェットマン」、富士山を飛ぶ

夢はジェットマンの編隊飛行?

小型ジェットエンジン付きの自作ウィングを背負って、英仏海峡やグランドキャニオンなど世界を飛行してきた「ジェットマン」ことイブ・ロッシー。YouTubeだけでなく、最近は日本のテレビ番組内でも取り上げられる回数が増え、ご覧になった方も多いに違いありません。映像をよく見れば、ウィングに「BREITLING」のロゴが入っていることからもわかるように、2010年からブライトリングが彼の飛行をサポートしてきました。そしてこの10月28日~11月3日の間にのべ9回、彼が飛行したのは、世界遺産になったばかりの富士山。今回の日本が、アジアでの初フライトとなります。
「富士山はとても美しかった。日本のシンボルで、聖なる山。頭に描いていた通りの光景でした。もし、私が飛んでいる映像を見て、日本の子供たちが将来に何かインスピレーションを得たなら、とても嬉しい。何か人とは違うことに挑戦して、それを実現することがどんなに楽しいか。それを知る小さなきっかけになればいいと思っています」
終始こやかな笑顔で、いかにも楽しそうに話すロッシー。子供が自分の小さな冒険話を「こんなに凄かったんだよ」と興奮気味に話すかのように。実際は、スイス生まれの54歳、ベテランのプロフェッショナル・パイロットだ。




「子供の頃からパイロットになるのが憧れでした。その夢がかなって超音速ジェット戦闘機の操縦を17年、その後、スイス・エアラインでエアバスA320の機長を務めています(でも現在は、長期休暇中です)。ジェットマンのコンセプトは1993年に思いついたもの。30歳のときにスカイダイビングに出会い、とても楽しかったのですが、落下するのではなく、本当の意味で飛びたいと考えるようになったのです。その夢を実現するために、ウィングを作りました。最初はその翼をつけて滑空するだけでしたが、次にエンジンを付けようと思いました。ジェット模型技術で世界トップのドイツ企業を訪れ、協力を得られることになったのです。2003年に初めてジェットエンジンを付け、2005年には2基に、翌年には4基に増やして5分40秒の飛行に成功しました」
その後、2008年には英仏海峡を13分で横断、2010年にはブライトリング・ウィングウォーカーと初の編隊飛行を行い、2011年にはグランドキャニオンを飛行、同年、ブライトリング・ジェットチームやブライトリング・スーパーコンステレーションとの編隊飛行にも成功しています。
「現在のウィングはカーボンファイバー製で、小型ジェットエンジンを4機取り付けています。飛行機かヘリコプターで上空へ行き、地上2000m地点でウィングを背負って飛び降ります。1500mあたりで翼を安定させ、右手に取り回した小型ダイヤル型のスロットルを調整してエンジン出力を上げていき、10分ほど飛行したら、パラシュートを開き、翼を背負ったまま着陸するのです。最高時速は300kmくらいですね」

方向転換など、ウィングの操縦はどうしているのだろうか。
「ウィングに飛行装置は付いてません。手足を動かしたり、身体を反らしたりすることが、すなわち操縦です。唯一の計器は、胸に取り付けた高度計と時計。飛行を始めて9分45秒くらいしたら、パラシュート着陸の準備をしないといけないので、時計が燃料計の代わりですね」

これまで何回くらいジェットマンとして飛行しましたか?
「う~ん、だいたい700回くらいかな」

そのうち一番感動した飛行は?
「なかなか難しい質問ですね。リオとかグランドキャニオンとか、飛行中に感動したことは数限りないですから。それに、私のフライトはいつもアイデアから始まって、思い描いた風景が現実になる。そのために、多くの人のサポートがあって、たくさんの人と出会える。今回の富士山飛行も、ブライトリング・ジャパンの方々が温かく迎えてくれて、とてもプロフェッショナルに準備してくれました。いろんな国の方々とチームを組んで、みんなでやり遂げることが、一番楽しいともいえますね」

今後はどんな夢を実現したい?
「理想の飛行という意味では、映画のアイアンマンみたいに、今いるビルの窓から、ウィングを背負っていきなり飛び立つ、なんていいな。でもそれには、もの凄く軽量で小さいエネルギーを新たに開発する必要があります。あと、現在、ジェットマンの後継者を育てています。複数のジェットウィングで編隊飛行できたら、と想像すると、とってもワクワクしてくるんです!」




© PHOTO Tokunaga / Bernet / Galdier i /Ernoult / Brokken / Breitling SA

ジェットマン<イブ・ロッシー>が、富士山を背景に日本の空を飛行!

JETMAN MOVIES

JETMAN MOVIES

JETMAN INTERVIEW