COSMONAUTE

50年前の輝かしい伝説は手巻き式・24時間表示の
新作ナビタイマー・コスモノートに受け継がれた

24時間表示のナビタイマー・スペシャルバージョンがクロノグラフウォッチとして初めて宇宙飛行を成し遂げた1962年5月24日から、ちょうど50年後の2012年5月24日に発売された新ナビタイマー・コスモノート。初代モデルへのトリビュートから、2000年に生産修了して以来となる手巻き式を採用しており、文字盤も宇宙空間で地上の昼夜が判別できる24時間表示となっています。スコット・カーペンター少佐が要望した通り、文字盤からタキメーターを省いた点も、通常のナビタイマーとは異なるコスモノートならではの特徴です。

自らの偉大な歴史を祝すために、あえて手巻き式「キャリバー02」を自社開発・製造するあたり、ブライトリングのこだわりは徹底しています。アイデンティティともいえるコスモノートの外装デザインに、“自社ムーブ”という新たな価値が加わり、歴史的なモデルとなったのです。

回転計算尺の目盛りは、黒の上に目盛りを乗せるのではなく、目盛りをマスキングして黒を塗ることで、文字盤の素材色であるシルバーが目盛りとして抜き出される「プロテクション・プリント」。ナビタイマー系ならではの特殊なこの製法なら、経年変化でも目盛りが剥がれる心配がありません。

限定本数は、宇宙に飛び立った年にちなんだ1962本。ケースバックにはオーロラ・セブン号のエンブレムとシリアルナンバーのほか、摂氏・華氏換算スケールが刻印されています。スペシャル感たっぷりのこの新作を腕に、カーペンター少佐が飛行した遠い宇宙に思いを馳せてみるのも一興です。