BREITLING

ブライトリングとベントレー:未来に向けて共にドライブ

ブライトリングは英国の超高級自動車メーカー、ベントレーとの新たなパートナーシップに大きな期待を寄せています。この偉大な2つのブランドは、ブライトリングがベントレーの主力モデル「コンチネンタルGT」のダッシュボードクロックのデザインを任された最初のウォッチメーカーとなった2003年以来の関係です。

ベントレーとの長年のパートナーシップの更新の発表に際し、ブライトリングは主要モデルに特別なベントレー・エディションを統合させ、独立したブライトリング・フォー・ベントレーコレクションにはしない方針を明らかにしました。
この類まれな時計の最初のモデルは、プレミア B01 クロノグラフ 42 ベントレー ブリティッシュ レーシング グリーンとなります。搭載されたブライトリングの自社開発・製造機械式ムーブメントのキャリバー01は、金属のベントレーロゴ付きのユニークなトランスパレント・ケースバックから覗くことができます。極めて実用性の高い70時間のパワーリザーブで、ベントレーエディションであることを表す銘が刻印されたプレートが与えられます。このプレートのデザインは1929年製のスーパーチャージャー搭載の歴史的名車、ブロワー・ベントレーのダッシュボードから着想を得たものです。
この特別モデルは、目を見張るようなブリティッシュ・レーシング・グリーンのダイヤルが特徴です。バンドには、ステンレススチール製ブレスレット、またはダイヤルとマッチしたブリティッシュ・レーシング・グリーンのレザーストラップをお選びいただけます。くっきりとコントラストをなすサブダイヤルは3時と9時位置に、日付窓は6時位置に配されています。
ベントレー モーターズが100周年を祝う2019年に、ブライトリングは、その卓越した超高級車の100年間の歴史を祝うために限定版モデルを導入するのです。

世界で最も人気がある超高級自動車ブランドのベントレー モーターズは2003年、比類なきグランドツアラーである最初のコンチネンタルGTモデルを発表しました。コンチネンタルGTの詳細すべてがベントレーの品質の高さ、豪華さと性能への飽くなきコミットメントを反映しています。それにふさわしいダッシュボード・クロックをデザインするにあたり、ベントレーはブライトリングを選びました。

誇るべき歴史と個人的な縁

ブライトリングの自動車との関係には長い歴史があります。1931年に航空用に発表された機内搭載クロノグラフは自動車のダッシュボード仕様としてもデザインされたものです。またベントレーとブライトリングの個人的な関係は70年ほども遡ります。クロノグラフの2番目のプッシュボタンを発明した先見の明に溢れた発明家で、創業者レオン・ブライトリングの孫にあたるウィリー・ブライトリングは、熱烈なベントレーファンでした。この情熱的な時計屋が1940年台後半から自分のベントレーに乗ってジュネーブからラ・ショードフォンまでの道をドライブしている姿はよく知られていました。

ル・マンでのベントレー

ベントレーは超高級車として知られていますが、レースでの歴史も見事なものです。1924年から1930年まで、有名な「ベントレー・ボーイズ」はル・マン24時間レースで5回にわたって勝利しました。その成功はブランドの過去の偉業にとどまらず、2003年、ベントレーはル・マンに戻り、1位と2位に輝きました。世界で最も名高いこの耐久レースで勝利を飾ったその年、ブライトリングはチーム・ベントレーの誇りあるメインスポンサーであり、偉業を祝うために限定版クロノグラフ「ベントレー ル・マン」を作ったのです。

ブライトリングは頑強な「プロのための計器」として長く知られていますが、さらに幅広い層に響く魅力のあるエレガントで高級な時計も作っています。ブライトリングとベントレーが新たなパートナーシップの可能性を探る中、この2つのアイコン的ブランドはこれまでのファンと素晴らしい新製品を共有し、世界中の違いがわかる男性と女性を惹きつけることを期待しています。